コンテンツにスキップする

バークレイズ戦略シフトでドイツ銀に圧力も-債券取引業務で

更新日時

英銀バークレイズが投資銀行部門の 縮小を決定したことは、規制強化と収入の減少によって、欧州の銀行が グローバル競争に勝ち抜くための取り組みと業務の圧縮を迫られている 状況を浮き彫りにする。

バークレイズのアントニー・ジェンキンス最高経営責任者 (CEO)は8日、投資銀行の人員の約4分の1に相当する7000人を削 減するとともに債券ビジネスを縮小し、米英のより限られた顧客を中心 に営業する方針を発表した。これはグローバル証券部門を設立した前任 者の戦略からの決別を意味している。ジェンキンスCEOは記者団に対 し、債券市場は単なる循環的な落ち込みではなく、構造的な問題に直面 していると述べ、投資銀行の収入低迷が「当面続く」との見通しを示し た。

欧州の債券トレーディング収入は、資本バッファー積み増しを求め る監督当局の要求や市場のボラティリティ(変動性)低下によって圧迫 されている。このためバークレイズやスイス最大の銀行UBSは、トレ ーディング業務を縮小し、ウェルスマネジメント(富裕層向け資産運 用)など他のビジネスの比重を高めることを余儀なくされている。

バークレイズの今回の決定後、ドイツ銀行は収入ベースで欧州最大 の投資銀行の地位を占める。リーマン・ブラザーズ・ホールディングス の隆盛と破綻を描いた「Uncontrolled Risk」(仮訳:野放しのリス ク)の著者であるマーク・ウィリアムズ氏は「債券トレーディングは金 の卵を産むガチョウであり続けた歴史がある。バークレイズの急進的な 戦略シフトは、ドイツ銀にとって債券トレーディングビジネス見直しを 迫る圧力となるだろう」と指摘する。

ロンドン在勤のドイツ銀の担当者は、コメントを控えている。

LLBアセット・マネジメントで資産運用に携わるクリスティア ン・ツォッグ氏は「欧州の投資銀行はやや強めの金融危機の余震に見舞 われている」とした上で、「バークレイズの人材を獲得しようとする動 きが今後出てくるだろう。人材と一緒にビジネスも付いてくることにな ろう。バークレイズのチームはかなり強力だった」と話している。

原題:Barclays Investment Bank Cuts Mark Europeans’ Global Retreat(抜粋)

--取材協力:Nicholas Comfort、David Scheer.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE