コンテンツにスキップする

韓国中銀:政策金利を2.5%に据え置き-ウォン高で景気下支え

韓国銀行(中央銀行)は9日、政策 金利の据え置きを発表した。通貨ウォン高や消費低迷に直面する国内経 済の下支えを図る。

韓国中銀は政策金利である7日物レポ金利を2.5%に維持。ブルー ムバーグ・ニュースがエコノミスト16人を対象に実施した調査では、全 員が据え置きを予想していた。

先月就任した李柱烈総裁は、旅客船「セウォル号」沈没事故後の個 人消費の落ち込みやウォン高などの問題に対応している。ウォンは対ド ルで6年ぶり高値に上昇し、輸出の伸びを抑える恐れがある。

東部証券のストラテジスト、ムン・ホンチョル氏は政策発表前、 「韓国中銀は経済についてかなり楽観的な見方をしており、年内に利上 げする構えのようだ」と指摘。「ウォン高で利上げの先送りを余儀なく される可能性もある」と述べた。

原題:Bank of Korea Holds Rate to Spur Growth as Won Rise Adds Risks(抜粋)

--取材協力:Sarina Yoo.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE