コンテンツにスキップする

米ディッシュ会長は様子見-Tモバイルめぐる状況変化に備え

米衛星テレビ会社ディッシュ・ネッ トワークのチャーリー・アーゲン会長は、米携帯電話サービス会社Tモ バイルUSの買収を目指し競う考えがない一方で、Tモバイルとスプリ ントの合併が実現しない場合にTモバイルUSを手に入れる機会をうか がっている。

アーゲン会長は8日、1-3月(第1四半期)決算に関する電話会 議で、同業のディレクTVとの合併は魅力的だが、これを追求していく のは高くつき過ぎるとの認識を示した。ディレクTVの株価はAT&T による買収観測で上昇している。アーゲン会長は数カ月前に合併の可能 性についてディレクTVに接触していた。

同会長は「Tモバイル買収に向けてスプリントより高い条件を出し たり、ディレクTV買収でAT&Tに勝る価格を提示できるような資金 は当社にはない。だからこそ、何が起ころうとも万全を期することがで きるよう態勢をしっかりと整える必要がある。当社はその状態にあると 思う」と発言。ワシントンの規制当局が「勝者と敗者を選ぶ」ことにな ると付け加えた。

資産家でかつてはプロのブラックジャックプレーヤーだった経歴も 持つ同会長は、今のところ後方から業界再編がどう展開するかを見守る ことに満足しているとし、「当社取締役会に対する私からの提案は事態 の注視だ」と語った。

原題:Dish’s Ergen Ready to Be T-Mobile’s Plan B as DirecTV Pricey (1)(抜粋)

--取材協力:Alex Sherman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE