コンテンツにスキップする

ブラジル株:ボベスパは反落-商品安でペトロブラスに売り

8日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が下落。商品相場安を受けて資源関連株が売られたほ か、予想を上回るインフレ加速から住宅建設株も値下がりした。

ブラジル石油公社(ペトロブラス)は3.8%下落し、ボベスパ指数 の下げに最も響いた。鉄鉱石生産最大手のヴァーレは1.5%安。住宅建 設会社PDGレアルティSAエンプレエンジメントス・エ・パルチシパ ソンエスは2.5%値下がりし、内需関連株の下げの中心となった。

ボベスパ指数は前日比1.2%安の53422.37で終了。指数構成銘柄の うち下落が48銘柄、上昇は21銘柄。通貨レアルは0.1%高の1ドル =2.2150レアル。ブルームバーグが集計したデータによれば、商品関連 株のボベスパ指数に占める割合は約3分の1。

証券会社ソウザ・バロスのオペレーション責任者、リカルド・ピン ト・ノグエイラ氏は電話インタビューで、「商品会社は相場安の影響を 受ける」と指摘。「ここ最近の上昇で一部の銘柄は値上がりし過ぎたと の見方も広がっている。今月に入ってからの大きな利益を確定する動き が見られる」と述べた。

ボベスパ指数は7日、経済の低迷を招いたルセフ大統領が10月の大 統領選で敗北する可能性があるとの観測が広がる中で、3月14日の安値 からの上昇率が20%に達して強気相場入りしていた。

原題:Ibovespa Snaps Four-Day Rally as Commodity Drop Sinks Petrobras(抜粋)

--取材協力:Ney Hayashi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE