コンテンツにスキップする

5月8日の米国マーケットサマリー:ユーロ下落、株は軟調

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。 (表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3846   1.3910
ドル/円            101.56   101.90
ユーロ/円          140.63   141.75


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       16,550.97     +32.43     +.2%
S&P500種           1,875.63      -2.58     -.1%
ナスダック総合指数    4,051.50     -16.18     -.4%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .38%        -.01
米国債10年物     2.61%       +.02
米国債30年物     3.43%       +.03


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,287.70    -1.20     -.09%
原油先物         (ドル/バレル)  100.24      -.53     -.53%

◎NY外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが対ドルで2年半ぶり高値 から下落。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が必要ならば6月に追 加緩和に動く用意があるとの見解を示したことを受けた。

ブルームバーグ・ドル・スポット指数は半年ぶり低水準を付けた。 またこの日は米国債相場が上昇した。米連邦準備制度理事会(FRB) のイエレン議長は前日に続きこの日も議会で証言し、必要な限り刺激策 を継続する考えを示した。オーストラリア・ドルは3週ぶり高値に上 昇。4月の豪雇用者数増加や中国の貿易統計改善に反応した。チリ・ペ ソはここ2年余りで最大の上げ。インフレ率が5年ぶり高水準となった ことが手掛かり。ノルウェー・クローネは3日続伸となった。

HSBCホールディングスの為替ストラテジスト、ロバート・リン チ氏は電子メールで、「ドラギ総裁の示したガイダンスは、きょうの会 見で最も重要な部分だった」と指摘。「来月に政策緩和に動く可能性に ついて、あからさまな意図とまでは言わないまでも、より明確なシグナ ルが出たことで、対ドルでのユーロ相場は押し下げられた」と述べた。

ニューヨーク時間午後2時11分現在、ユーロは対ドルで前日 比0.4%安の1ユーロ=1.3856ドル。一時1.3993ドルと、2011年10月31 日以来の高値を付けた。対円では0.8%下げて140円64銭。ドルは対円 で0.4%安の1ドル=101円49銭。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数は0.1%下げて1002.79。一時1000.59と、昨年10月28日以来の 低水準を付けた。

◎米国株式市場

米株式相場は総じて下落。S&P500種株価指数は終値ベースでの 過去最高値まで約2ポイントに迫ったものの、買いは続かなかった。ハ イテク株は朝方の上げを消し、3営業日連続安となった。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値によると、S&P500種 は0.1%下げて1875.66。一時は0.6%高となる場面もあった。ナスダッ ク総合指数は0.4%下落。1%高から反転した。ダウ工業株30種平均 は32.43ドル(0.2%)高の16550.97ドル。

グリーンウッド・キャピタル・アソシエーツの最高投資責任者 (CIO)、ウォルター・トッド氏は「相場は乱高下を続けている。急 成長銘柄からバリュー株へのローテーションがみられる」と続けた。 「朝方は上値を試そうとする動きで堅調に推移していたが、抜けられな いことが分かると午後に入って売りが出た」と続けた。

◎米国債市場

米国債市場では30年債相場が小幅安。朝方は上昇したが、同年債の 入札(規模160億ドル)を嫌気して下げに転じた。利回りが約10カ月ぶ りの低水準となる中、応札がほぼ3年ぶりの低水準に落ち込んだ。

30年債の最高落札利回りは3.440%。入札直前の市場予想は3.392% だった。投資家の需要を測る指標の応札倍率は2.09倍と、2011年8月以 来の低水準。バンク・オブ・アメリカ(BOA)がまとめたデータによ ると、30年債のリターンは年初から12%と、同時期としては1988年以降 で最大となった。米国債全体の中でも最もリターンが高い。

BNPパリバの金利ストラテジスト、アーロン・コーリ氏(ニュー ヨーク在勤)は「利回り水準に魅力はまったくない。30年債は自らの成 功の犠牲となった」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後3時現在、既発30年債利回りは前日比1ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)上昇の3.42%。同年債(表面利率3.625%、2044年2 月償還)価格は7/32下落の103 29/32。利回りは一時3bp低下 の3.37%となる場面もあった。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は3日続落。株式相場の堅調推移を背景に 代替投資の金買いが後退した。ダウ工業株30種平均は一時0.6%上昇 し、先月記録した過去最高値に接近した。

RJオブライエン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「株の強 さが金にはマイナスに働いている」と指摘。「金投資への関心はほとん ど見られない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.1%安の1オンス=1287.70ドルで終了した。

◎NY原油先物市場

ニューヨーク原油先物相場は反落。先週の米在庫がこの時期として は過去最高付近で推移したことから、売りが優勢となった。ユーロが対 ドルで下げたことも影響した。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード)の アナリスト兼ブローカー、ジーン・マクギリアン氏は「需給ファンダメ ンタルズはまったくタイトではない」と指摘。「きのうの市場は過剰反 応していた。きょうは利益確定が入っている。在庫はなおも潤沢だ」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日 比51セント(0.51%)安の1バレル=100.26ドルで終了。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE