コンテンツにスキップする

トレーダーの脳の研究で見つかるか、利益を高める魔法の薬

マンハッタン南部のウィリアム・ス トリートにあるビルの上階のオフィスはいつも、株式オプションを売買 するサング・ルッチ・キャピタル・パートナーズの若いトレーダーたち で騒がしい。しかし先月は1週間の間、静まり返っていた。従業員らが トレーディングソフトウエアのアップグレードを求め、ロサンゼルスに 行っていたからだ。このソフトウエアとは人間の脳だ。

脳のアップグレードのための実験として、トレーダーらは認知力を 鋭くするサプリメントを飲んでオプションと株式売買のシミュレーショ ンをした。その間、脳波記録装置(EEG)がトレーダーらの脳の電気 的な活動を測定し続けていた。トゥルーブレインという会社が、このサ プリの効果を試験している。

取引の成否を決めるのはトレーダーの心の動きなのに、これを分析 する方法がないと、この実験を組織したサング・ルッチのパートナー、 チャーリー・バスゲート氏(27)は言う。心理学をかじった同氏は、分 かっていない部分を「少しでも埋めようと試みている」と4月10日のイ ンタビューで述べた。

サング・ルッチの従業員と同社が集めたトレーダーらは4月21日か らの1週間に、EEGの電極を装着して90分ずつ2回の取引シミュレー ションを行い、その後に質問を受けた。トレーダーらは1回の取引セッ ションの前にトゥルーブレインのサプリを飲み、もう1回は偽薬を与え られた。バスゲート氏によれば、シミュレーションの間トレーダーらは 真剣そのものだった。「顔を見ていたら、本当に百万ドルの取引をして いるようだった」と同氏は述べた。

トゥルーブレインのサプリには、脳の認知機能を高めるとされる向 知性薬の一種ピラセタムが主成分として含まれている。もう一つの成分 は魚油だ。このような組み合わせは、実験を行ったカリフォルニア大学 ロサンゼルス校の神経科学者アンドルー・ヒル氏がジュネーブ大学のク リストフ・ミシェル氏とともに考えた。

ニューヨークのレノックス・ヒル病院の内科医で統合医療を専門と するロバート・グラハム氏によれば、トゥルーブレインに含まれるビタ ミンやミネラル、アミノ酸は全て、個別のテストで認知能力を高めるこ とが分かっているが、混ぜ合わせた時の効果のほどは分かっていない。

バスゲート氏によれば、サング・ルッチはヒル氏と同僚が実験で集 めたデータを分析するのを待っているところだ。

原題:Options Traders Scan Brains in Hunt for Profit-Enlarging Pill(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE