コンテンツにスキップする

フィリピン中銀、預金準備率を引き上げ-政策金利は据え置き

フィリピン中央銀行は8日、市中銀 行の預金準備率を引き上げる一方、政策金利は12会合連続で据え置いた と発表した。

声明によれば、預金準備率は30日に1ポイント引き上げられる。ブ ルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査で9人中8人が予 想していた通りとなった。準備率引き上げは今年2回目で、流動性と物 価圧力を抑制する狙いがある。

市中銀行向けの翌日物預金金利は過去最低の3.5%に維持した。エ コノミスト21人のうち据え置きを見込んでいたのは19人だった。

原題:Philippines Raises Reserve Ratio, Keeps Benchmark Rate Unchanged(抜粋)

--取材協力:Cecilia Yap、Ailing Tan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE