コンテンツにスキップする

英スタンダードチャータード:1-3月営業利益、前年比減少

英スタンダードチャータードの1- 3月(第1四半期)営業利益は前年同期比で「1桁台後半」の減少率と なった。同行の金融市場関連事業と新興国通貨の弱さが響いた。

8日の香港証券取引所への届け出によれば、1-3月期の減益は同 行の予想に沿った水準。「昨年からの厳しい市場環境が2014年1-3月 期に入ってからも続き、4、5月もそうした状況だ」という。同行は利 益の4分の3余りをアジアで稼いでいる。

インド・ルピーやインドネシア・ルピアなどの通貨下落が収入を押 し下げたとスタンダードチャータードは説明。同行によれば、「業界全 体にわたる厳しい状況」に伴い、金融市場関連事業からの収入は1-3 月に16%減少した。

原題:Standard Chartered Profit Slumps as Emerging Currencies Fall (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE