中国株:上海総合指数、反発-輸出入が予想外に増加

中国株式市場では上海総合指数が反 発した。4月の輸出入が市場予想に反して増加し、中国の成長鈍化への 懸念が薄らいだ。

石炭生産の大同煤業(601001 CH)は9.9%高、山煤国際能源 (600546 CH)は10%高と、エネルギー株をけん引した。テクノロジー 株は値下がりし、ソフトウエア開発の東華軟件(002065 CH)は5.6% 安。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は前日比5.19ポイント(0.3%)高の2015.27で取引を 終えた。一方、上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数 は0.1%安の2135.50。

正徳人寿保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は4月の貿易 統計が予想外の強さを示したのは元相場下落や政府の貿易振興策による ものだと指摘。「景気回復の兆しが示されたことは短期的に市場を活気 づかせるだろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE