豪州:4月の雇用者数は1万4200人増-失業率5.8%で変わらず

オーストラリアの4月の雇用者数は 市場予想以上に増加し、オーストラリア準備銀行(中央銀行)の中立的 な政策姿勢への転換につながった経済見通しの改善を裏付ける内容とな った。

豪統計局が8日発表した4月の雇用者数は前月比で1万4200人増 加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト24人の予想中央 値は8800人増だった。失業率は前月から変わらずの5.8%。

豪中銀は2011年終盤から昨年8月までの間に政策金利を計2.25ポイ ント引き下げ、過去最低の2.5%に設定。現段階では一定期間の金利安 定を示唆している。政策担当者が景気加速を予測する中、雇用データや 住宅市場の改善は企業が投資に乗り出しつつあることを示している。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)のシニアエコノ ミスト、ジャスティン・ファボ氏(シドニー在勤)は、「基調となる労 働市場の状況はここ数カ月で明らかに改善している」と指摘。「今年に 入りフルタイム雇用者数が著しい伸びを示している。また、こうした指 標は失業率が短期的に現在の水準付近にとどまるか、若干低下する可能 性と一致している」と述べた。

豪ドルはシドニー時間午後0時36分(日本時間午前11時36分)現 在、1豪ドル=0.9363米ドルに上昇。統計発表前は0.9332米ドルだっ た。ブルームバーグがまとめた金利スワップのデータによれば、トレー ダーは年内の金利変更の可能性がほとんどないことを織り込みつつあ る。

4月のフルタイム雇用者数は前月比1万4200人増加。パートタイム 雇用者数は変わらずだった。労働参加率は64.7%と、前月の64.8%(改 定値)から低下した。

原題:Australia Adds Workers as Unemployment Steady; Aussie Gains (2)(抜粋)

--取材協力:Narayanan Somasundaram、Daniel Petrie.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE