コンテンツにスキップする

PE投資会社、鉱山業界M&Aに最大計2兆円配分か-E&Y

プライベートエクイティ(PE、未 公開株)投資会社が今年、最大200億ドル(約2兆円)の資金を投じ、 鉱山業界での合併・買収(M&A)が増加するとの見通しを、米会計事 務所アーンスト・アンド・ヤング(E&Y)が示した。同業界のM&A は1-3月(第1四半期)には大幅に減少した。

E&Yの8日のリポートによると、鉱山業界ではM&Aが1-3月 に31%減少して135件となり、総額では67%減の67億ドルとなった。大 手鉱山会社や金融業界の買い手によるポートフォリオの最適化や中小企 業の統合によりM&Aは徐々に増加する見込み。

E&Yの世界鉱山業界M&A担当責任者、リー・ダウンハム氏(ロ ンドン在勤)はリポートで「100億-200億ドルと推計されるPE投資会 社の資金が配分され始めている」と指摘した。

バンカーや鉱山会社幹部が企業を退社し、大手鉱山会社が売却を目 指す資産の買収に向け企業やファンドを立ち上げるケースが相次いでい る。この中には、スイスの資源会社エクストラータのミック・デービス 元最高経営責任者(CEO)やカナダの産金会社バリック・ゴールド の、アーロン・リージェント元CEO、米JPモルガン・チェースの元 バンカー、ロイド・ペンギリー氏らがいる。

原題:E&Y Sees Funds Deploying $20 Billion to Drive Mining M&A (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE