コンテンツにスキップする

モルガンSもCLO発行見通しを上方修正-規制の影響克服か

ローン担保証券(CLO)市場にと って規制が逆風になるとの懸念は行き過ぎだったようだ。

米モルガン・スタンレーは今年の米国でのCLO新規発行見通しを 最大850億ドル(約8兆6600億円)に引き上げた。見通しの上方修正は 4月以降で少なくとも3行目。JPモルガン・チェースは5月2日に最 高1000億ドル、ウェルズ・ファーゴは4月に同900億ドルにそれぞれ予 測を引き上げた。

規制の影響でCLOの新規組成が落ち込むとの懸念が広がった後 に、CLOの発行が加速している。ドッド・フランク法に基づく金融規 制改革の一環として昨年12月にまとめられたボルカー・ルールは、債券 を組み込んだCLOに銀行が投資することを禁じている。

モルガン・スタンレーのアナリスト、ビシュワナス・ティルパチュ ー、ミア・カイアン両氏は7日付の調査リポートで「新規発行市場は今 年初めの低調さに加え、ボルカー・ルールで規制面の逆風を受ける可能 性を克服した」と分析した。

同リポートによると、先月組成された米CLOは計123億ドルと、 月間ベースとしては金融危機後で最高を記録。1-4月では317億ドル に達した。投資家層が拡大したことが寄与した。

原題:Morgan Stanley Raises CLO Forecast as Volcker Headwinds Ignored(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE