コンテンツにスキップする

【今日のチャート】FOMC、賃金上昇でタカ派に向かう公算

賃金上昇が年内に米連邦公開市場委 員会(FOMC)をより引き締め的な金融政策に向かわせる可能性が高 い。ドイツ銀行の主任国際エコノミスト、トルステン・スロック氏(ニ ューヨーク在勤)はこう指摘する。

今日のチャートは、米労働省の統計を基に米企業における賃金上昇 がここ1年半で加速したことを示している。4月の平均時給は前年同月 比2.3%上昇し、2012年10月に記録した過去最低を1ポイント上回る賃 金上昇率となった。

スロック氏は同様のチャートを掲載した今週のリポートで、景気拡 大ペースが速まるにつれ「賃金圧力が一段と高まり続ける」と予想。物 価が共に上昇すれば、賃金上昇はFOMCに「一段とタカ派的に転じる ことを強いるだろう」と記した。

原題:Wage Growth Signals Fed Policy Shift This Year: Chart of the Day(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE