コンテンツにスキップする

ブラジル株:ボベスパ指数、強気相場入り-3月安値から20%高

7日のブラジル株式市場は上昇。在 職期間中に経済の低迷を招いたルセフ大統領が10月の大統領選で敗北す る可能性があるとの観測が広がる中で、ボベスパ指数は3月の安値から の上昇率が20%に達して強気相場入りした。

ブラジル石油公社(ペトロブラス)は1.9%高と、ボベスパ指数の 上昇に最も寄与した。教育関連会社のアニャングエラ・エドゥカシオナ ル・パルチシパソンエスは6.3%上昇。同業のクロトン・エドゥカシオ ナルがアニャングエラ買収で新たな条件を示し、買収が不成立に終わる との懸念が和らいだ。一方、ベルギーのビールメーカー、アンハイザ ー・ブッシュ(AB)インベブのブラジル部門アンベブは2.1%安。1 -3月(第1四半期)の利益が予想に届かなかった。金属相場安を背景 に鉄鋼メーカーのナシオナル製鉄(コンパニア・シデルルジカ・ナシオ ナル=CSN)も3.5%値下がりした。

ボベスパ指数は前日比0.5%高の54052.74で終了。指数構成銘柄の うち上昇が40銘柄、下落は27銘柄。通貨レアルは0.6%高の1ドル =2.2167レアル。ウェブサイトによると、ダータフォリャは7日ないし 週内に選挙に関する世論調査結果を公表する予定。

証券会社SLWコレトラのチーフアナリスト、ペドロ・ガルジ氏は 電話インタビューで、「最新の世論調査でルセフ大統領の支持率低下が 示されるとの見方が、ここ数日のボベスパ指数の最大の押し上げ要因と なっている。投資家は政権交代と国営企業の経営陣刷新を期待してい る」と述べた。

原題:Brazil’s Ibovespa Enters Bull Market Amid Election Outlook (抜粋)

--取材協力:Blake Schmidt.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE