NY原油(7日):続伸、クッシング在庫の減少で

ニューヨーク原油先物相場は続伸。 米石油受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシングの原油在庫が約5年 ぶりの低水準に減少したことから、買いが続いた。

USバンク・ウェルス・マネジメントの投資担当シニアストラテジ スト、ロブ・ハワース氏(シアトル在勤)は在庫減少について、「需要 が上向いている兆候だ。投資家はこれを価格に織り込もうとしている」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日 比1.27ドル(1.28%)高の1バレル=100.77ドルで終了。終値ベースで 4月29日以来の高値。

原題:WTI Oil Gains as Cushing Supply Drops; Discount to Brent Narrows(抜粋)

--取材協力:Emma O’Brien、Adam Haigh、Kana Nishizawa、Namitha Jagadeesh、Cecile Vannucci、David Goodman、Nick Gentle.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE