コンテンツにスキップする

中国当局:李炎氏の企業を調査、債務の返済不可能か-関係者

中国当局は鉱業で富を築いた李炎氏 が経営権を握る複数の企業の財務を調べている。事情に詳しい関係者2 人が明らかにした。李氏は今はもうない自動車ブランド「ハマー」の買 収を試みたことがある。

公表されていない問題だとして関係者が匿名で述べたところによれ ば、四川省にある李氏の複数の会社が抱える債務は総額100億元 (約1630億円)に上り、その一切が返済されない可能性がある。

李氏の企業には、2009年に米ゼネラル・モーターズ(GM)からス ポーツ型多目的車(SUV)ブランドの「ハマー」を買収しようとした 四川騰中重工機械も含まれる。ハマー買収計画は中国当局の承認が得ら れず実現しなかった。李氏はまた成都市に四川華通投資を設立したほ か、香港に上場している中国旭光高新材料集団の大株主でもある。

成都経済・情報委員会の当局者は電話取材に対しコメントを控え た。同市の公安当局への電話に応答した男性もコメントを控えた。

原題:China Said to Probe Tycoon Who Sought to Buy GM’s Hummer Brand(抜粋)

--取材協力:Tian Ying、Jessica Zhou、Alex Davis.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE