コンテンツにスキップする

米ヤフー、アリババIPOで手元資金倍増も-グーグル追撃手段

米ヤフーのマリッサ・メイヤー最高 経営責任者(CEO)は、中国の電子商取引会社アリババ・グループ・ ホールディングへの9年間の投資からようやく見返りを得るが、その資 金の活用を求める圧力も受けそうだ。

ヤフーは保有するアリババ株の約40%に相当する2億800万株をア リババの新規株式公開(IPO)で売り出す方針で、100億ドル(約1 兆160億円)余りを手にする可能性がある。実現すればヤフーの手元資 金は2倍強に拡大する。

2年近く経営再建に取り組みながら売り上げや利益の大幅な伸びに つながらないメイヤーCEOは、今回獲得する資金をどう配分するか決 断を迫られる。自社株買いや配当で株主に資本還元できる一方、買収で 事業を拡大することも可能だ。ライバルのグーグルやフェイスブックと の差が拡大し続けているだけに賢明な選択が非常に重要になる。

BGCパートナーズのアナリスト、コリン・ギリス氏はマイヤー CEOが「企業買収に動くための武器を手にできる」と述べ、「その資 金をどう活用するかで、彼女の経営者としての手腕が明らかになる」と 指摘。ヤフーがAOLなど株式公開企業の買収を検討することもあり得 ると述べ、実現すれば増収につながる可能性があると予想した。

ヤフーとAOLの広報担当はコメントを控えている。

原題:Yahoo’s Alibaba Windfall Means Firepower to Chase Google: Tech(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE