ゲーム機世界最大手、任天堂が7日 発表した今期(2015年3月期)の連結純利益見通しは200億円となり、 市場予想を上回った。人気キャラクターの登場するゲームソフト投入に より据え置き型ゲーム機「Wii(ウィー)U」の販売回復を見込む。

ブルームバーグ・データによるアナリスト15人の純利益予想は160 億円だった。会社側は営業利益400億円(市場予想235億円)、売上 高5900億円(同6013億円)と見込む。前期は純損益が232億円の赤字、 営業損益は464億円の赤字で3期連続の赤字だった。

スマートフォン向けゲームの影響で業界構造が変化し、競合他社も 新ゲーム機を投入する中、任天堂は12年に投入したUの不振に苦しんで いる。今期は「マリオカート8」など新作ソフトに反転を期待してい る。市場にはスマホ向けゲーム投入により収益改善を求める声もある が、任天堂はソフト供給は自社のゲーム機に限る姿勢を崩していない。

岩田聡社長はこの日の記者会見で、スマホなどスマートデバイスの 普及と任天堂の不調は単純には結び付けられないとした上で、そうした 論調には違和感があると述べた。また、Uについては強力なゲームソフ トが投入されるため販売台数が前期を下回ることはないとの見通しを示 した。6月に開かれる米ゲーム見本市「E3」でUの機能を活かしたゲ ームの事例を見せるとしたが、新型ゲーム機を出すことはないとした。

「責任を痛感」

さらに岩田社長は、前期の業績につてい結果が出せず「責任を痛感 している」と述べた。ただ、責任を果たすのは辞めることではなくビジ ネスの勢いを回復させて安定的に利益を出すことだとし、続投意向を示 した。

1-3月期は純損失334億円(市場予想279億円)、営業損失448億 円(同342億円)、売上高726億円(同861億円)だった。

任天堂の発表資料によると、15年3月期のゲーム機とソフトの販売 はUハード360万台(前期272万台)、Uソフト2000万本(前期1886万 本)、3DSハード1200万台(同1224万台)、3DSソフト6700万本 (同6789万本)の見込みだ。

エース経済研究所の安田秀樹アナリストは電話取材に「コスト削減 を進めるため利益が出る。3DSが主に利益をけん引する」と述べると ともに、Uは失敗に終わったが3DSで稼いで新規事業が始まるのを待 つことになるだろうと語った。

楽天証券経済研究所の窪田真之チーフ・ストラテジストは、オープ ン化の時代にあって任天堂という閉ざされた世界のビジネス基盤が崩れ ているとし、「短期的なリバウンドはあり得るが、長期的に厳しいとい う見方を変える必要はない」と語った。

新ウェブサービス

スマホ向けのゲーム配信について、任天堂は一貫して否定的な姿勢 を崩していない。岩田社長は1月の経営方針説明会で、ゲーム専用機事 業を「経営の中核」として維持すると明言。顧客との関係強化を目的に するアプリにゲームを利用する可能性は認めたものの、本格的なゲーム 配信は否定した。

一方、投資家やアナリストの一部はスマホやタブレット向けのゲー ム提供を求めており、任天堂の一部株主のアドバイザーを務めるオアシ ス・マネジメントのセス・フィッシャー最高投資責任者(CIO)は2 月、岩田社長に書簡を送った。

岩田社長は7日の会見で、人気ゲーム「マリオカート」の順位や友 達の状態が分かるようなウェブサービスを用意していることを明らかに したが、スマートデバイス向けのアプリではないと話した。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE