コンテンツにスキップする

米ツイッター株が上場来安値-約4.8億株のロックアップ解除で

簡易ブログ運営の米ツイッターの株 価が6日、上場来安値を付けてソーシャル・ネットワーク・サービス (SNS)株の下げの中心となった。内部株主や初期からの株主による 売却制限が解除されことを受けたもので、インターネット銘柄が過大評 価されているとの懸念があらためて広がった。

ツイッター株は前日比18%安の31.85ドルで終了。内部株主らは保 有する約4億8000万株を売却できるようになり、流通株が4倍余りに増 える可能性がある。初期からの株主であるクリス・サッカ氏とリズビ・ トラバース・マネジメントが保有株式を売却する意向はないと表明して いたにもかかわらず、ツイッター株は値下がりした。

ハドソン・スクエア・リサーチのアナリスト、ダニエル・アーンス ト氏は「ロックアップ期間の終了が最後の決定的な一撃となった」と指 摘。「ツイッターが順調な成長を維持し、バリュエーション(株価評 価)がこれほど高くなく、利益率がもっと良ければ株価も今日のような 動きにはならなかっただろう」と述べた。

原題:Twitter Plunges as Lockup Ends, Hurting Social-Media Stocks (2)(抜粋)

--取材協力:Ian King、Lynn Thomasson、Chris Nagi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE