ブラジル株:ボベスパは続伸-大統領支持率低下で国営企業高い

6日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が3営業日続伸。10月の選挙で現職のルセフ大統領が敗 北する可能性があるとの観測から、ブラジル石油公社(ペトロブラス) など国営企業株が買われた。

ボベスパ指数は前日比0.6%高の53779.74で終了。一時は1%高 の53985.95を付ける場面もあった。ペトロブラスは3.8%、ブラジル銀 行は1.6%それぞれ上昇した。

オラマ・アセット・マネジメントのパートナー、アルバロ・バンデ イラ氏は電話インタビューで、「政権交代が実現すれば国営企業の経営 陣が刷新されると投資家は見込んでおり、そうした期待が国営企業の株 価を押し上げている」と指摘した。

世論調査でルセフ大統領再選への支持率低下が示されたことからボ ベスパ指数は上昇。新政権が誕生すれば現政権ほど国営企業に介入せ ず、景気てこ入れがよりうまく進むとの観測が広がった。ルセフ大統領 就任以降の3年間のブラジル経済は10年ぶりの低成長に陥っている。

調査会社センサスが実施し、5月3日発行のブラジル誌イストエに 掲載された世論調査の結果では、ルセフ大統領が第1回投票で即座に勝 利を決めるには支持率の開きが小さすぎることが示された。それによる と、ルセフ大統領の支持率が35%に対し、対立候補のアエシオ・ネべ ス、エドゥアルド・カンポス両氏を合わせた支持率は34.7%だった。

原題:Ibovespa Rises as Petrobras Leads Rally in State-Owned Companies(抜粋)

--取材協力:Nikolaj Gammeltoft、Ney Hayashi、Rita Nazareth.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE