コンテンツにスキップする

アリババ:ソフバンク孫社長が取締役続けると予想-IPO後も

中国の電子商取引運営会社アリバ バ・グループ・ホールディングは米国での新規株式公開(IPO)後も ソフトバンクの孫正義社長が取締役にとどまるだろうと述べた。同社長 は2000年以来アリババの取締役を務めている。

米証券取引委員会(SEC)への届け出によると、ソフトバンクは アリババ株の34%強を保有している。

原題:Alibaba Sees SoftBank’s Masayoshi Son Staying on Board Post-IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE