コンテンツにスキップする

5月6日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドルが下落、国債利回り上昇せず失望誘う

ニューヨーク外国為替市場ではドルが主要通貨のバスケットに対し て下落。昨年10月以来の安値を付けた。米国債利回りの上昇予想が現実 化していない状況や、スペインの景気回復が示されたことが手掛かり。

ユーロは対ドルで7週ぶり高値。ユーロ圏の景気回復を受け、欧州 中央銀行(ECB)が今週の会合での追加策決定を見送るとの観測が広 がった。米国債利回りは先週大幅に低下。4月の雇用者数が予想を上回 ったものの、米経済の成長が依然不安定との懸念を抑えることはできな かった。オーストラリア・ドルは上昇。豪準備銀行(中銀)が雇用市場 の改善を指摘したことが材料視された。ニュージーランド(NZ)ドル は6営業日続伸。

BNPパリバの通貨ストラテジスト、バシーリ・セレブリアコフ氏 (ニューヨーク在勤)は「非農業部門雇用者数の発表後に国債利回りが 上昇しなかったという事実が、ドル強気派の失望を誘った」とし、「ユ ーロと円から離れてみれば、キャリー取引の環境は依然として明るいよ うだ。市場はなお資源国通貨を選好している。米金融当局の利上げは将 来ずっと先だという雰囲気が広がっている」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット 指数は前日比0.5%低下の1002.53。これは昨年10月29日以来の低水準。

ユーロはドルに対し0.4%高の1ユーロ=1.3928ドル。一時1.3951 ドルと3月13日以来の高値を付けた。ユーロは対円では0.1%下げて141 円62銭。ドルは対円で0.5%安の1ドル=101円68銭。

米国債利回り

米10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低 下の2.59%。先週は8bp下げ、2月以来の低水準を付けた。昨年末時 点のブルームバーグの調査では、利回りは6月末までに3.1%に上昇す るとの予想が示されていた。

豪ドルは4週間で最大の上げ。豪中銀は政策金利であるオフィシャ ル・キャッシュレートの誘導目標を2.5%に維持したが、豪ドルは買い 進まれた。スティーブンス総裁は「労働市場の指標に若干の改善が見ら れる」とコメント。「ただ失業が着実に減少するまでには恐らくある程 度の時間を要するだろう」と付け加えた。

豪ドル

スタンダードチャータードの為替アナリスト、ディビヤ・デべシュ 氏(シンガポール在勤)は豪中銀の声明について、「トーンの明るさが 若干増しているようだ。特に労働市場についてはそう言える」とし、 「少なくとも短期的には、豪ドルは現在の水準での底堅く推移すると考 えられる」と述べた。

豪ドルは0.8%高の1豪ドル=0.9351米ドル。上昇率は4月8日以 来で最大。

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は4月16日、「過 去の水準に照らして、現在の景気回復局面での賃金上昇ペースは依然と して遅く、広範な加速の兆候はほとんど見受けられない」と述べた。先 物トレーダーは、連邦公開市場委員会(FOMC)が12月に利上げに動 く確率を約7%とみている。

米労働省が発表した4月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数 (事業所調査、季節調整済み)は前月比28万8000人増加。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は21万8000人増だっ た。家計調査に基づく失業率は6.3%と、前月の6.7%から低下した。

ピアポント・セキュリティーズ・ホールディングスのグローバルス トラテジスト、ロバート・シンチ氏は「幅広く全体を見ると、ドルに関 連した動きとなっていると考えられる。これは主として米金利の低下が 影響している」と述べた。

原題:Dollar Falls to Lowest Since October on Yield View; Aussie Rises(抜粋)

◎米国株:反落、ツイッター中心にインターネット銘柄に売り

米株式相場は反落。ツイッターを中心にインターネット銘柄が下げ た。保険のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の減 益決算を嫌気して、金融株も下落した。

ツイッターは急落。約4億8000万株相当のロックアップ期間終了に 伴い、流通株が4倍以上に増える可能性が懸念された。AIGは4.1% 安。1-3月期決算は保険金支払いと関連費用の増加で27%の減益とな った。

S&P500種株価指数は前日比0.9%下げて1867.72。ダウ工業株30 種平均は129.53ドル(0.8%)安の16401.02ドル。ナスダック総合指 数1.4%下げた。

マックイーン・ボール・アンド・アソシエイツの最高投資責任者 (CIO)、ビル・シュルツ氏は電話取材に対し、「市場は上に行くに は荷が重くなっている」と指摘。「ハイテクやバイオなどリスクが高め の銘柄がここに来てトラブルに見舞われている。きょうは金融株にも圧 力が加わった」と続けた。

ツイッターを含む新規公開銘柄をカバーするブルームバーグIPO 指数は2.3%下落。急成長産業から安定した利益と配当が望める企業へ と投資資金がシフトし、3月のピークから10%下げている。

ツイッターは18%急落。昨年11月の上場以来の安値。一部の主要投 資家がロックアップ期限が終了しても売りに出さないと述べたにもかか わらず、株価は下げた。

アインホーン氏、ハイテクバブル

ヘッジファンド運用者デービッド・アインホーン氏はテクノロジー 業界には強気だと述べ、バブルの兆候が強まっていると指摘した4月の 見解を微調整した。アップルなど一部の株式ついて割安だとしている。

アインホーン氏は自身が会長を務める再保険会社グリーンライト・ キャピタル再保険の電話会見で、「グリーンライトが説明した新たなテ クノロジーバブルについて明確にしておきたい」とし、「総じて、われ われはテクノロジー業界およびテクノロジー株に対して強気だ」と述べ た。

ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均では、S&P500種 採用銘柄の1-3月期決算は前年同期比4.6%の増益、同2.8%の増収。

チェース・インベストメント・カウンセル(バージニア州シャーロ ッツビル)のピーター・タズ社長は「株式市場にとってはあまり景気の 良い季節ではない」と指摘。「経済統計や企業の決算見通しがいずれか の方向を示すまで、相場はレンジにとどまるだろう」と述べた。

貿易赤字、世界成長見通し

3月の米貿易赤字は縮小した。輸出が9カ月ぶりの大幅な伸びとな ったことが寄与した。米商務省が発表した3月の貿易収支統計による と、財とサービスを合わせた貿易赤字(国際収支ベース、季節調整済 み)は前月比3.6%縮小し、404億ドルとなった。

経済協力開発機構(OECD)は世界の成長見通しを引き下げた。 中国やその他新興市場の景気拡大ペース鈍化が理由。OECDが6日発 表した半期経済報告によると、世界経済の今年の成長率は3.4%の見込 み。昨年11月時点には3.6%と予想していた。

S&P500種の業種別10種では金融が1.4%下落。AIGは4.1% 安。5日の引け後の発表では、1-3月期の純利益は16億1000万ドル、 1株当たり利益は1.09ドル。前年同期は22億1000万ドル、1株1.49ドル だった。プロパティー・カジュアルティー部門の保険料1ドル当たりの 保険金と関連費用は1-3月期に1.01ドルとなった。前年同期は97.3セ ントだった。

S&P住宅建築株指数は2.1%下落。構成11銘柄のすべてが下げ た。D.Rホートンは2.4%安。ドイツ銀行は同銘柄を短期の買い推奨 リストから外した。

原題:U.S. Stocks Slide as Twitter Leads Internet Selloff, AIG Sinks(抜粋)

◎米国債:期間長めの国債が上昇、翌日にFRB議長証言

米国債市場では期間が長めの国債が上昇。30年債利回りは11カ月ぶ りの低水準に近づいた。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議 長は7日、景気見通しについて議会で証言する。

既発3年債は前日からほぼ変わらず。3年債入札(規模290億ド ル)の最高落札利回りは2011年5月以来の高水準となった。景気回復で 来年の利上げ時期が予想より早まるとの懸念が背景にある。5年債と30 年債の利回り差は2009年以来の最小近くとなった。

BNPパリバの金利ストラテジスト、アーロン・コーリ氏(ニュー ヨーク在勤)は3年債入札について、「米金融政策の先行きがどうなる かや、その時期と積極性に対する多くのリスクを織り込んでいる」と指 摘。「入札はまずまずだった。全般的に平均をわずかに上回った」と述 べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後4時13分現在、30年債利回りは前日比2ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下の3.39%。同年債(表面利率3.625%、2044年2 月償還)価格は13/32上昇の104 15/32。10年債利回りは2bp低下 の2.59%。

既発3年債利回りは前日比ほぼ変わらずの0.88%。

3年債入札

3年債の最高落札利回りは0.928%。入札直前の市場予想と一致し た。投資家の需要を測る指標の応札倍率は3.40倍と、前回の3.36倍を上 回った。過去10回の平均は3.32倍。

海外の中央銀行を含む間接入札者の落札全体に占める割合 は28.1%。過去10回の平均値は34.3%だった。

プライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)以外の直接入 札者の比率は24.5%と、2013年2月以来の高水準。過去10回の平均値 は17.7%。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチ指数によると、3 年債の年初からのリターンは0.3%。米国債全体は2.4%となってい る。2013年は3年債がマイナス0.1%、米国債全体がマイナス3.4%だっ た。

今週の発行総額は690億ドル。7日には240億ドル規模の10年債、8 日には160億ドルの30年債入札が実施される。

貿易赤字

3月の米貿易赤字は縮小。輸出が9カ月ぶりの大幅な伸びとなった ことが赤字縮小に寄与した。労働省が2日に発表した4月の雇用統計に よると、非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比28 万8000人増と、2012年以降で最大の伸びとなった。

5年債と30年債の利回り差は1.7ポイント。2日には1.68ポイント と、2009年9月以来で最小となった。

ソシエテ・ジェネラルのトレーダー、ショーン・マーフィー氏(ニ ューヨーク在勤)は「長期債には需要がある。現在、相場は非常に堅調 だ」と語った。

イエレン議長は7日、上下両院経済合同委員会で証言し、8日には 上院予算委員会で証言する。

ニューヨーク連銀はこの日、2039年11月から43年8月に償還を迎え る国債を10億ドル購入した。これは長期の借り入れコストを抑え、経済 成長を促進するためのプログラムの一環。

CMEグループの取引所の金利先物動向によれば、米金融当局 が2015年6月までに利上げを始める確率は47%となっている。フェデラ ルファンド(FF)金利誘導目標は08年12月以来、ゼロから0.25%のレ ンジで維持されている。

ウクライナ情勢の混乱も米国債の支援材料。ロシアはウクライナ が25日に予定している大統領選挙について、憲法を改正後まで延期する べきだと訴えた。ウクライナ政府が東部と南部の親ロシア派の掃討を進 める中で双方に死傷者が出ている。

原題:Longer-Term Treasuries Gain Before Yellen Testifies on Economy(抜粋)

◎NY金:小反落、世界経済に改善の兆しで-逃避需要が減退

ニューヨーク金先物相場は小幅反落。世界経済が改善しつつある兆 しを背景に、逃避資産としての金の魅力が減退した。3月の米貿易赤字 は縮小。輸出が9カ月ぶりの大幅な伸びとなったことが寄与した。4月 のユーロ圏サービス業景気指数(改定値)は53.1と、3月の52.2から上 昇した。

アーチャー・フィナンシャル・サービシズのシニア市場ストラテジ スト、アダム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は電話インタビ ューで「経済状況の改善を理由に質への逃避プレミアムが剥落した」と 指摘。「ウクライナ情勢が不安定なため、一時的な強さが見られる可能 性はあるが、全体的なセンチメントは引き続きネガティブだ」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.1%未満下げて1オンス=1308.90ドルで終了。前日は一 時1315.80ドルと、4月15日以来の高値をつけた。

原題:Gold Drops as Signs of Improving Global Growth Curb Haven Appeal(抜粋)

◎NY原油:小反発、モルガンSのクッシング在庫減少予測で

ニューヨーク原油相場は小反発。米石油受け渡し拠点であるオクラ ホマ州クッシングの在庫が数週間内に最低基準まで減少するとのモルガ ン・スタンレーの予想が影響した。

エネルギー調査会社WTRGエコノミクス(アーカンソー州)のエ コノミスト、ジェームズ・ウィリアムズ氏は「過去の例からみて、在庫 の最低操業水準はだいたい2000万バレルだ。今、その最低水準に近づき つつある」と指摘。「ウェスト・テキサス・インターミディエート (WTI)の期近物にプラスに作用する」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日 比2セント(0.1%未満)高い1バレル=99.50ドルで終了。一時 は100.42ドルまで上昇した。

原題:WTI-Brent Oil Spread Shrinks on Morgan Stanley Cushing Forecast(抜粋)

◎欧州株:続落、バークレイズに失望売り-ウクライナ情勢も注視

6日の欧州株式相場は下落。指標のストックス欧州600指数は3営 業日続落となった。英銀バークレイズの下げが目立った。ウクライナを めぐる緊張の高まりも注視された。

バークレイズは昨年7月以来の大幅安。第1四半期の税引き前利益 の減少が嫌気された。英建設会社バルフォア・ビーティーは20%の大幅 安。同社の最高経営責任者(CEO)が辞任したほか、利益見通しを下 方修正したことが売り材料。一方、ドイツのルフトハンザ航空は3%上 昇。第1四半期の赤字幅が縮小した。オランダの郵便サービス、ポスト NLは昨年10月以降で最大の値上がり。

ストックス欧州600指数は前日比0.3%安の336.04で終了。一時 は0.3%高となった。ウクライナ東部での衝突激化で同指数は3営業日 で0.7%下げている。5日の英国市場は祝日のため休場だった。

LGTバンク・シュバイツ(チューリヒ)のシニア市場アナリス ト、アレッサンドロ・フェッツィ氏はインタビューで、「この日の企業 決算はまちまちだった」とし、相場の「出足は良かったものの、ウクラ イナが引き続きセンチメントへの重しで、市場の方向性をプラスに維持 するのを難しくした」と語った。

6日の西欧市場では18カ国中12カ国で主要株価指数が下落。仏 CAC40指数は0.8%、独DAX指数は0.7%それぞれ下げた。英 FTSE100指数は0.4%安となった。

原題:European Stocks Drop for Third Day as Barclays Falls on Earnings(抜粋)

◎欧州債:イタリア債が上昇、利回りは初めて3%割り込む

6日の欧州債市場ではイタリア国債が上昇し、10年債利回りは初め て3%を割り込んだ。サービス業景気指数で域内景気の回復兆候が強ま り、周辺国資産への信頼感が高まるとともに高利回り債の需要が増え た。

スペイン10年債利回りは過去最低を記録。この日は同国の失業者が 4月に減少したことも発表され、2008年に始まった欧州債務危機が克服 されつつある状況が示唆された。ポルトガルとアイルランドの国債も値 上がり。フィッチ・レーティングスは周辺国の格付けを引き上げる可能 性を指摘した。ドイツ国債はほぼ変わらず。前日に11カ月ぶり低水準を 付けた10年債利回りについて、BNPパリバは妙味がないとの見方を示 した。

コメルツ銀行の債券ストラテジスト、ライナー・ギュンターマン氏 (フランクフルト在勤)は「周辺国経済のファンダメンタルズ(基礎的 諸条件)が改善しつつあり、これで相場上昇の説明がつく」と述べ、周 辺国債の「スプレッド(利回り格差)縮小は一段と進む。このトレンド はまだ終わっていない」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時34分現在、イタリア10年債利回りは前日比4 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.01%。一時 は2.987%と、ブルームバーグが1993年にデータ集計を開始以降で最低 の水準を付けた。同国債(表面利率4.5%、2024年3月償還)価格 は0.32上げ112.82。

スペイン10年債利回りも4bp下げ2.95%。2.931%まで低下する 場面もあった。同年限のポルトガル国債利回りは3bp低下し3.57%、 アイルランド国債利回りも3bp下げて2.74%となった。

英マークイット・エコノミクスがこの日発表した4月のユーロ圏サ ービス業景気指数(改定値)は53.1と、3月の52.2から上昇し、2011年 6月以来の高水準となった。スペインとアイルランド、イタリアの各国 でサービス業活動が加速した。

ドイツ10年債利回りは1.46%。5日には1.44%まで下げ、昨年5 月27日以来の低水準に並んでいた。

原題:Italian Bond Rally Pushes 10-Year Yield Below 3% for First Time(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE