コンテンツにスキップする

独首相:EUはロシア制裁強化で結束へ-キプロスはリスク視

ドイツのメルケル首相は欧州連合 (EU)が必要に応じて対ロシア制裁の強化で合意するとの認識を示し た。ウクライナ危機をめぐってはキプロスのアナスタシアディス大統領 が自国経済へのリスクに言及しており、EU内での不協和音が露呈し た。

アナスタシアディス大統領は6日にベルリンでメルケル独首相と会 談後、キプロスがロシアからの資金の流れに依存していると指摘。メル ケル首相は共同記者会見で、制裁方針をめぐりEU加盟28カ国は「難し い交渉」に臨むかもしれないが、「行動を取ることは可能だろう」と述 べ、「全会一致の決定になる」との認識を示した。さらに、「われわれ は国ごとに依存度が異なることを承知だ。各国への影響も検討しなけれ ばならないものの、行動を取ることができると示す必要がある」と言明 した。

ロシアのエネルギー企業や小売企業は多額の企業資産をキプロスに 移しており、キプロスは対ロ経済制裁からの影響を非常に受けやすくな っている。アナスタシアディス大統領は昨年のユーロ圏による救済パッ ケージで同国経済が回復しつつあるものの、EUが対ロ制裁を強化すれ ば景気回復のリスクになると語った。

原題:Merkel Sees EU Unity on Russia Sanctions as Cyprus Warns of Cost(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE