コンテンツにスキップする

NY金:小反落、世界経済に改善の兆しで-逃避需要が減退

ニューヨーク金先物相場は小幅反 落。世界経済が改善しつつある兆しを背景に、逃避資産としての金の魅 力が減退した。3月の米貿易赤字は縮小。輸出が9カ月ぶりの大幅な伸 びとなったことが寄与した。4月のユーロ圏サービス業景気指数(改定 値)は53.1と、3月の52.2から上昇した。

アーチャー・フィナンシャル・サービシズのシニア市場ストラテジ スト、アダム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は電話インタビ ューで「経済状況の改善を理由に質への逃避プレミアムが剥落した」と 指摘。「ウクライナ情勢が不安定なため、一時的な強さが見られる可能 性はあるが、全体的なセンチメントは引き続きネガティブだ」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.1%未満下げて1オンス=1308.90ドルで終了。前日は一 時1315.80ドルと、4月15日以来の高値をつけた。

原題:Gold Drops as Signs of Improving Global Growth Curb Haven Appeal(抜粋)

--取材協力:Phoebe Sedgman、Nicholas Larkin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE