コンテンツにスキップする

GM、「サターン・オーラ」リコール-変速機ケーブル不具合

米自動車メーカー、ゼネラル・モー ターズ(GM)は、サターンのセダン「オーラ」5万6214台をリコール (無料の回収・修理)する。変速機のケーブルが切れる恐れがあるため だ。

米運輸省のサイトに掲載された情報によれば、2007-08年モデルの 変速ケーブルが切れた場合、ギアをパーキングに入れることができなく なり、ドライバーや同乗者が降りる際にクルマが動く恐れがある。

GMは現在、イグニッションスイッチ(始動装置)の不具合修理を めぐる259万台を含め、700万台余りの安全に関する問題に直面してい る。メアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は先月に議会公聴会で 証言、米運輸省道路交通安全局 (NHTSA)から追加で質問される 可能性もある。

GMの広報担当アラン・アドラー氏は電子メールで、過去7年間 で28件の事故があり、4人が負傷したことを認識していると明らかにし た。死者はいないという。

原題:GM Recalls Saturn Auras to Fix Fracturing Transmission Cables(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE