ロシアがウクライナ大統領選延期を呼び掛け、抗争で双方に死者

ロシアはウクライナが25日に予定し ている大統領選挙について、憲法を改正した後の日時まで延期するべき だと訴えた。ウクライナ政府が東部と南部の親ロシア派の掃討を進める 中で双方に死者が出ている。

ウクライナのトゥルチノフ大統領代行は6日、新たな地上軍司令官 を任命した。政府と武装勢力の交戦では政府軍兵士4人に加え、暴徒30 人余りが死亡している。ロシアのラブロフ外相と欧州連合(EU)当局 者はウィーンで、新たな会合について協議した。先月のジュネーブ会合 での合意は崩壊した。

米欧はロシアのプーチン大統領がウクライナの分離派を支援してい ると非難し同大統領に近い個人や企業に対する制裁を発動した。フラン スのオランド大統領はウクライナ大統領選挙を妨害しないよう欧州がロ シアに圧力をかけ続けるとプーチン露大統領に伝え、選挙が実現しなけ れば「混乱と戦争のリスク」が生じるだろうと述べた。

オランド大統領はBFMテレビ・RMCラジオとのインタビューで 6日、「内戦を回避するためにあらゆる措置を講じなければならない」 と語った。

原題:Russia Calls for Ukraine to Delay Election as Death Toll Mounts(抜粋)

--取材協力:Roger Runningen、John Walcott、Kateryna Choursina、Patrick Donahue、Helene Fouquet、Daria Marchak、Ilya Arkhipov.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE