ユーロ圏:4月サービス業景気53.1、速報と一致-スペイン好調

ユーロ圏ではスペインとアイルラン ドの4月のサービス業活動が経済危機以降で最も速いペースで拡大し た。イタリアでも拡大に転じ、域内全体では約3年ぶりの高いペースと なった。

英マークイット・エコノミクスが6日発表した4月のユーロ圏サー ビス業景気指数(改定値)は53.1と、3月の52.2から上昇。先月23日発 表された速報値と一致し、2011年6月以来の高水準となった。サービス 業と製造業を合わせた総合景気指数(改定値)は54.0で、3月の53.1を 上回った。

ドイツの景気回復にけん引され周辺国でも成長が勢いを増している ものの、域内の失業率は11.8%と過去最悪に近い水準にとどまってい る。ブルームバーグがまとめた調査によれば、ドラギ総裁率いる欧州中 央銀行(ECB)は今週の定例政策委員会でデフレ回避に向けた追加刺 激措置を見送る見込み。

マークイットのチーフエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は 「最も喜ばしいニュースはスペインとアイルランドの力強い回復が顕著 になりつつあることだ」とし、「活動拡大ペース加速は、ECBが利下 げや他の非伝統的な措置が必要だと考える確率をさらに低下させる」と 指摘した。

ウィリアムソン氏によれば、マークイットの調査はユーロ圏の域内 総生産(GDP)が4-6月(第2四半期)に0.5%前後の伸びとなる ことを示唆している。

発表によると、ドイツとアイルランド、イタリア、スペインでサー ビス業活動が加速した一方、フランスでは減速した。ドイツの指数 は54.7と、3月の53から上昇し、イタリアは51.1で49.5を上回った。ス ペインは56.5と、7年ぶりの高水準に達した。

原題:Spanish Services at Seven-Year High as Euro-Area Index Increases(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE