コンテンツにスキップする

AIG:1-3月は27%減益、保険金関連費用が拡大-株価下落

米保険会社アメリカン・インターナ ショナル・グループ(AIG)の1-3月(第1四半期)決算は、前年 同期比27%減益となった。プロパティー・カジュアルティー部門で保険 金と関連費用が増加した。決算発表を受けて、同社株価は時間外取引で 下落している。

5日の発表資料によると、1-3月期の純利益は16億1000万ドル (約1640億円)、1株当たり利益は1.09ドル。前年同期は22億1000万ド ル、1株1.49ドルだった。プロパティー・カジュアルティー部門の営業 利益は26%減の11億6000万ドルとなった。

AIG株はニューヨーク時間午後6時29分(日本時間6日午前7 時29分)現在、通常取引の終値(52.72ドル)から2.6%下げ、51.33ド ルで取引されている。

プロパティー・カジュアルティー部門の保険料1ドル当たりの保険 金と関連費用は1-3月期に1.01ドルとなった。前年同期は97.3セント だった。

原題:AIG Profit Falls 27% to $1.61 Billion as Claims Costs Climb (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE