コンテンツにスキップする

NY外為(5日):円が上昇、中国指標や日銀総裁の発言で

ニューヨーク外国為替市場では、円 が主要16通貨の大半に対して値上がり。中国の民間指標で4月の製造業 活動が市場の予想以上に縮小したことが示され、安全資産の需要が高ま った。

円は対ドルでは2週間ぶり高値を付けた。ウクライナでの混乱拡大 が材料視された。また日本銀行の黒田東彦総裁が米経済専門局CNBC とのインタビューで、景気回復は軌道に乗っていると述べたことで、追 加緩和を実施するとの観測が後退した。ブラジル・レアルは主要通貨中 で最大の値下がり。ブラジル中央銀行が為替スワップ契約のロールオー バー(更新)の規模を縮小させたことで、レアル支援の弱まりが示唆さ れた。スウェーデン・クローナも下落。3月の鉱工業生産指数が予想外 に低下したことが嫌気された。

みずほフィナンシャルグループの米為替セールス責任者、ファビア ン・エリアソン氏(ニューヨーク在勤)は「リスクオフのトーンが若干 見られ、それに沿う形で円は動いた」とし、「中国の製造業購買担当者 指数(PMI)がやや期待外れだったほか、ウクライナで緊張が続いて いること」を背景に円は買い進まれたと指摘した。

ニューヨーク時間午後5時現在、円はドルに対し前週末比0.1%上 昇の1ドル=102円14銭。一時101円87銭と、4月17日以来の高値を付け た。対ユーロでも0.1%上げて1ユーロ=141円72銭。ユーロは対ドルで ほぼ変わらずの1ユーロ=1.3875ドル。

レアル、クローナ

レアルは1%安の1ドル=2.2442レアル。主要16通貨で値下がり率 は最大だった。

スウェーデン統計局の発表によると3月の鉱工業生産指数は前月 比3.8%低下。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想 の中央値は0.5%上昇だった。前月は2%上昇に修正された。

クローナは対ユーロで0.7%安の1ユーロ=9.0934クローナ。対ド ルでは0.7%下げて1ドル=6.5532クローナ。

欧州中央銀行(ECB)は早ければ今週開催の政策決定会合で行動 を起こす可能性がある。ECBはデフレリスクの回避を目指し、マイナ ス金利や量的緩和導入を含めた前例のない措置の実施を検討している。

ユーロはドルに対し年初来で1%上昇。今月に入ってからは0.7% 上げている。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが5日 発表した4月の中国製造業購買担当者指数(PMI)改定値は48.1。3 月は48.0、速報値は48.3だった。ブルームバーグがまとめたアナリスト の予想中央値は48.4。PMIは50が活動拡大・縮小の分かれ目。

円の動き

ノルデア銀行のチーフ為替ストラテジスト、ニールス・クリステン セン氏は「若干リスク回避の地合い」となっており、円を支えていると 分析。「中国の指標は軟調で、リスク選好にはネガティブだ」と続け た。

日銀の黒田総裁はCNBCとの4日のインタビューで、民間のエコ ノミストは日本に関して「一貫して間違ってきた」と指摘。「われわれ は名目賃金が上昇を続け、雇用情勢も改善されると予想している」と述 べた。ウエストパック銀行は「ドル買い・円売り」の推奨を取りやめ た。黒田総裁が追加の量的緩和が差し迫ってはいないことを示唆したこ とがその根拠。

ウエストパック銀行の外為・商品戦略責任者のロバート・レニー氏 (シドニー在勤)は5日付の調査リポートで、「黒田総裁は現在、近い 将来の追加緩和の可能性をめぐる発言でトーンを弱めている」と指摘。 「ドル・円でのドルロングを支持する根拠は非常に薄くなりつつある」 と続けた。

原題:Yen Rises After China Data as Kuroda Sees Recovery; Real Drops(抜粋)

--取材協力:Filipe Pacheco.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE