コンテンツにスキップする

NY金(5日):続伸、3週間ぶり高値-ウクライナ混乱で

ニューヨーク金先物相場は続伸し、 ほぼ3週間ぶりの高値となった。ウクライナと親ロシア派勢力の間で緊 張が高まっていることを背景に、逃避目的の金買いが膨らんだ。ウクラ イナ国防省のウェブサイトでの発表によると、スラビャンスクでの分離 派武装勢力との衝突で兵士4人が死亡、30人が負傷した。

TDセキュリティーズのグローバル金属セールス責任者、スティー ブ・スカカロシ氏はリポートで「ウクライナの秩序不安を受けて、25日 の選挙の信頼性や地域の安定について誰もが神経質になっている」と指 摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前週末比0.5%高の1オンス=1309.30ドルで終了。一時 は1315.80ドルと、中心限月としては4月15日以来の高値をつけた。

原題:Gold Rises to Three-Week High on Haven Demand Amid Ukraine Havoc(抜粋)

--取材協力:Phoebe Sedgman、Daria Marchak.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE