コンテンツにスキップする

米ハイテク株が失った時価総額、アリババの評価額に匹敵

米国のハイテク株は3月初めの高値 からの下落により、時価総額が約1500億ドル(約15兆2900億円)吹き飛 んだ。これは、米国での新規株式公開(IPO)の準備をしている中国 最大の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディングの評価額に ほぼ匹敵する額だ。

それはおそらく偶然だろうが、一部の業種に対する投資家の懸念を 示す一例となっている。自社株買いの伸びが踊り場に差し掛かる一方、 今年のIPOは10年ぶりの活況となる勢いだ。株価が2007年の水準 を20%上回る中、アリババなどの企業の上場を控えており、株式市場の 需給悪化に向けたパターンが整っていることを意味する。

マーケットフィールド・アセット・マネジメントのマイケル・ショ ール最高経営責任者(CEO)は2日の電話取材に対し、「市場全体で は供給の水準に問題ないが、ハイテク分野の一角に供給がかなり集中し ていると考える」と語り、「特定のセクターで需要全体が圧倒されるこ とも確かにあり得る」と指摘した。

米調査会社トリムタブス・インベストメント・リサーチによれば、 今年1-4月の新株発行は総額870億ドルと、前年同期とほぼ同じだっ た。一方、この期間に企業が発表した自社株買いは総額約2550億ドル と、前年同期の3550億ドルを下回った。自社株買いはIPOによる新株 供給を相殺してきた。

先週の米株式市場では、ダウ工業株30種平均が最高値を更新。S& P500種株価指数も終値の最高値を上回る場面があった。それとは対照 的に大型ハイテク株で構成するナスダック100指数は3月5日に付け た14年ぶり高値を依然として3.7%下回っている。ブルームバーグのデ ータによると、ナスダック100の時価総額の約1500億ドルが失われた。

ブルームバーグ・ニュースが先月まとめたアナリスト12人のアリバ バ評価額の平均は約1680億ドルだった。IPOで実際に集める金額はそ れよりかなり小さい見込みだ。

原題:Alibaba-Sized Hole Blown in Nasdaq 100 as IPOs Unleash New Stock(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE