コンテンツにスキップする

ウクライナ、政権側兵士4人が銃撃戦で死亡-スラビャンスク

ウクライナ東部の都市スラビャンス クでは、政権支持派が親ロシア派武装勢力の排除に動く中、銃撃戦で政 権支持派の兵士に死者が出た。衝突は東部から、黒海の玄関口である南 部オデッサにも広がっている。

ウクライナ内務省のウェブサイトでの発表によると、スラビャンス クでの分離派武装勢力との衝突で同省所属の兵士4人が死亡、30人が負 傷した。また複数の民間人もこの衝突に巻き込まれて死亡したという。 具体的な死者数には触れていない。インタファクス通信はアバコフ内相 の話として、同地域には約800人の分離派勢力がおり、大口径の銃や迫 撃砲、大型車両で武装していると報じた。

ウクライナのヤツェニュク首相はBBCのインタビューで「まさし く戦争」であり、「ロシアによる侵攻とロシアに導かれたデモ隊が招い たものだ」と語った。

アバコフ内相は自身のフェイスブックで、南部オデッサのビル火災 で数十人が死亡したことを受けてウクライナ政府は現地の警察署長を解 任した後、特殊部隊を派遣したと明らかにした。インタファクス通信に よれば、4日に起きたオデッサでの衝突では2人が負傷した。

内務省の5日発表によれば、東部のドネツクおよびルガンスクでは 庁舎や警察署など30カ所余りが現在、分離派武装勢力に占拠されてい る。

原題:Four Ukrainian Troops Killed in Firefight in Eastern Slovyansk(抜粋)

--取材協力:Roger Runningen、Arne Delfs、Anastasia Ustinova、Patrick Donahue、Maciej Onoszko、John Walcott、Henry Meyer、Kateryna Choursina、David McQuaid、Ilya Arkhipov.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE