ウクライナの衝突、各地に拡大-火災のオデッサでは数十人死亡

ウクライナでは、南部の港湾都市オ デッサで、政権支持派と親ロシア派の衝突のさなかに建物の火災があ り、数十人が死亡した。またウクライナ政府の部隊はロシア国境付近で 分離派武装勢力の排除に動いた。

ウクライナ内務省の発表によると、オデッサでは建物火災や、ウク ライナの統一支持派の集会に対する親ロシア派の攻撃をきっかけとした 街頭での衝突で37人が死亡し、約200人が負傷した。

ウクライナのアバコフ内相は3日、武装勢力の排除と人質の解放に 向け、同国東部ドネツクで政府部隊が作戦行動を続けていると説明。同 相はフェイスブックへの投稿で、東部の都市スラビャンスクを部隊が包 囲する中、「対テロリスト作戦は早朝も活発な展開を続ける」と言明し た。

ブルームバーグがまとめたデータでは、緊張が高まる中でウクライ ナの政府債利回りは25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇 して10.90%と、6週間ぶりの高水準を付けた。

原題:Dozens Killed in Odessa Fire as Violence Spreads in Ukraine (2)(抜粋)

--取材協力:Sangwon Yoon、Roger Runningen、Arne Delfs、Anastasia Ustinova、Patrick Donahue.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE