コンテンツにスキップする

米独首脳、対ロ追加制裁を警告-ウクライナ大統領選妨害なら

オバマ米大統領とドイツのメルケル 首相は2日、仮にロシアのプーチン政権が今月25日に予定されているウ クライナ大統領選を妨害すれば、同国経済の広範な部分を対象とした追 加制裁を発動する可能性があると警告した。

両首脳はホワイトハウスで共同記者会見に臨み、投票が行われる25 日が米国と欧州連合(EU)が対ロ制裁で次の措置に踏み切るかどうか 決める目安だと説明。ウクライナ危機への対応で団結姿勢を演出してみ せた。

メルケル首相は「いつ特別な転換点に達するか事前に判断するのは とても難しい」とした上で、「今言えるのは5月25日の選挙が私自身の 観点から決定的な岐路であり、情勢がさらに不安定化すれば事態は一層 困難になる」と語った。

オバマ大統領は、対ロ制裁が拡大されれば、欧州諸国にもマイナス の反動があるかもしれないが、米国とEUとの間にはウクライナ支援で 「目覚ましい団結」があると指摘した。

原題:Obama Joins Merkel Vow of More Sanctions If Ukraine Vote Roiled(抜粋)

--取材協力:Roger Runningen、Patrick Donahue、Ilan Kolet、Anastasia Ustinova.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE