コンテンツにスキップする

5月2日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドルが対主要通貨で下落、ウクライナ緊迫化

2日のニューヨーク外国為替市場ではドルが主要通貨に対して下 落。オバマ米大統領とメルケル独首相がロシアに対して追加制裁を科す 用意があると警告し、ウクライナ情勢が緊迫化した。

ドルは一時、主要通貨バスケットに対して6週間ぶりの大幅高を記 録した。朝方発表された米雇用統計によると、4月は2年ぶりの大幅な 雇用増となり、失業率も低下した。米金融当局による債券購入ペースの 加速と利上げ時期を早めるとの観測が強まった。

シティグループの主要10通貨(G10)戦略の米州責任者、リチャー ド・コチノス氏は「ウクライナとロシアの地政学的リスクをめぐっては まだ不透明感がある」と述べ、「地政学的な問題が頭をかすめる中で、 利益確定が行われている」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット 指数は0.1%下げて1007.72。一時は0.4%上昇と、3月19日以来の大幅 な伸びとなった。

ドルは対円で0.1%下げて1ドル=102円20銭。一時は103円02銭 と、4月8日以来の高値をつけた。対ユーロでは1ユーロ=1.3869ド ル。ユーロは対円で0.1%下げて1ユーロ=141円77銭。

ブルームバーグがまとめた新興市場主要20通貨の指数は0.1%上昇 して92.4097。

ウクライナ情勢

ルーブルは大幅安。ウクライナ政府は東部にいる親ロシア分離派か ら都市を奪回するため行動を起こした。国境付近で武力を増強するロシ アのプーチン大統領はウクライナに部隊の撤収を求めたが、同国は屈し ない態度を示した。内務省によれば、ウクライナ軍のヘリコプター2機 が撃墜され操縦士2人が死亡した。

オバマ米大統領は、ドイツのメルケル首相と臨んだ共同記者会見 で、プーチン大統領が緊張緩和に向けて行動しなければ「直ちに動く」 用意があると述べた。

米労働省が発表した4月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数 (事業所調査、季節調整済み)は前月比28万8000人増加。これは2012年 1月以降で最大の伸び。前月は20万3000人増に修正(速報19万2000人 増)された。雇用統計発表後、ドルは急伸した。

家計調査に基づく失業率は6.3%で、これは08年9月以来の低水 準。労働参加率の低下が影響した。前月の失業率は6.7%だった。

統計内容にいくつか疑問

スタンダード・チャータード(ニューヨーク)のシニア通貨ストラ テジスト、マイク・モラン氏は「過去6カ月間で最も良好な雇用統計の 一つではあった。ただ雇用者は増加したものの、統計内容について言え ばまだいくつか疑問が残る点もある」と述べ、「労働市場が著しく引き 締まったことを示す明確な証拠ではない。今後数週間は議論が続くだろ う」と続けた。

3月の製造業受注額が前月比1.1%増加と、ブルームバーグ・ニュ ースがまとめたエコノミスト予想の中央値(1.5%増)を下回ると、ド ルは上げ幅を縮小した。

主要9通貨の3カ月インプライド・ボラティリティを基にしたドイ ツ銀行FXボラティリティー指数は6%に上昇、前日は5.8%と2007年 7月以来の低水準だった。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重指数によれ ば、ドルは過去3カ月間で3.1%安、円は3.2%安、ユーロはほぼ変わら ず。

原題:Dollar Declines Versus Major Peers Amid Turmoil in Ukraine (抜粋)

◎米国株:下落、ウクライナ情勢が好調な雇用統計を曇らす

米株式相場は下落。一時は上昇し、S&P500種株価指数は終値の 最高値を上回る場面もあった。雇用者数が2年ぶりの大幅な伸びとなっ たものの、ウクライナ情勢緊迫化への懸念が強まった。

メルクやファイザー、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) を中心にヘルスケア株が安い。リンクトインは8.4%値下がりした。同 社の4-6月(第2四半期)売上高見通しはアナリストの予想に届かな かった。一方、カジノ株は上昇。マカオのカジノ収入が予想を上回った ことを好感した。

S&P500種株価指数は前日比0.1%下げて1881.14。一時は0.4%高 となり、4月2日につけた終値ベースの最高値を上回った。ダウ工業 株30種平均は45.98ドル(0.3%)安の16512.89ドル。

ウェルズ・ファーゴ・ファンズ・マネジメントのチーフ株式ストラ テジスト、ジョン・マンリー氏は「最終結果はニュートラルだが、雇用 統計の明るい材料がウクライナ情勢をめぐる大きな懸念でかき消された 形だ」と指摘。「ウクライナでは活発な動きがあり、それで市場はやや 不安になっている。この問題はしばらくくすぶるだろう。すぐに解決す るとは想定しにくいからだ」と述べた。

ウクライナは分離派武装勢力の拠点となっている同国東部の都市ス ラビャンスクを奪回するため装甲車と砲兵隊を派遣した。国境付近で武 力を増強するロシアのプーチン大統領は撤収を求めたが、ウクライナは 屈しない態度を示した。

アバコフ内相はフェイスブックで、武装勢力の排除と国際監視団の 8人を含む人質の解放に向け、現地時間午前4時30分にウクライナ内務 省の部隊を派遣したと明らかにした。国防省によれば、ウクライナ軍の ヘリコプター2機が撃墜され操縦士2人が死亡した。

雇用統計

株式相場は雇用統計の発表を受けて上昇する場面もあった。米労働 省が発表した4月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数(事業所調 査、季節調整済み)は前月比28万8000人増加。これは2012年1月以降で 最大の伸び。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の 中央値は21万8000人増だった。前月は20万3000人増に修正(速報19 万2000人増)された。

家計調査に基づく失業率は6.3%で、これは08年9月以来の低水 準。労働参加率の低下が影響した。前月の失業率は6.7%だった。

LPLファイナンシャル(サンディエゴ)の市場ストラテジスト、 アンソニー・バレリ氏は「これは金融当局が緩和縮小を続けることを示 唆するかなり強い統計だ」と指摘。「冬の弱さが一部解消されているこ とを初めて強く確認するものだ」と述べた。

S&P500種の業種別10指数中、6指数が下落。公益株指数は2% 値下がりした。素材株は上昇率トップだった。

ヘルスケア株が安い

ヘルスケア株指数は0.8%安。ファイザーは1.3%下落。英2位の医 薬品メーカー、アストラゼネカはファイザーが買収提示額を631億ポン ド(10兆9000億円)に引き上げたものの、拒否した。将来性ある試験薬 の価値が反映されていないとしている。メルクは2.4%、J&Jは1.2% いずれも下げた。

リンクトインは8.4%安。4-6月期の売上高は5億-5億500万ド ル(約511億-517億円)の見通し。ブルームバーグが集計したデータで は、アナリストの予想平均は5億550万ドルとなっていた。

カジノ株は上昇。マカオの4月のカジノ収入は10.6%増と、アナリ スト予想平均の7%増を上回った。ウィン・リゾーツは7.3%高。

原題:U.S. Stocks Retreat as Ukraine Tensions Overshadow Jobs Report(抜粋)

◎米国債:30年債利回り10カ月ぶり低水準-ウクライナ情勢で

米国債市場では30年債が上昇。利回りは10カ月ぶり水準に下げた。 4月の雇用統計では雇用者数の伸びが予想を上回ったが、市場ではウク ライナでの緊張の高まりが材料視され、逃避需要から米国債は買い進ま れた。

4月の雇用統計では雇用者数の伸びが2012年以来で最大となっ た。30年債利回りは統計発表直後に上昇し、その後は10ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)超の幅で変動した。期間が短めの国債は軟 調な展開が続いた。経済が力強さを増していることで、金融当局が過去 最低水準にある政策金利を引き上げるとの見方が広がった。5年債と30 年債の利回り格差は09年以降で最小となった。市場関係者は来年の利上 げ時期の予想を前倒ししている。

RWプレスプリッチの政府債取引担当マネジングディレクター、ラ リー・ミルスタイン氏(ニューヨーク在勤)は「ウクライナでまた緊張 が高まっているとの懸念がある」とし、「ウクライナ軍が東部の都市に 入り、オフィスビルに突入した。こうした状況は確実に米国債相場を押 し上げる」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時1分現在、30年債利回りは前日比5bp低下の3.37%。同年債 (表面利率3.625%、2044年2月償還)価格は7/8上げて104 26/32。利 回りは一時5bp上げたほか、昨年6月19日以来の低水準を付ける場面 もあった。

10年債

10年債利回りは3bp低下の2.59%。一時8bp上げた。5年債 と30年債の利回り格差は1.70ポイントに縮小。一時1.68ポイントと、09 年9月30日以来で最小となった。

米商品先物取引委員会(CFTC)の週間建玉報告によると、ヘッ ジファンドなど大口投機家による10年債先物の持ち高は4月29日終了週 にショート(売り持ち)がロング(買い持ち)を11万4425枚上回った。 ネットショートは前週の14万5865枚から22%減った。

CRTキャピタル・グループ(コネティカット州スタンフォード) の米国債ストラテジー責任者、デービッド・エーダー氏は30年債の上昇 について、雇用統計を受けて利回りが一時3.47%にまで上昇した後、年 金基金が買い増したことが背景にあると説明した。

ウクライナ情勢、雇用統計

ウクライナは2日、分離派武装勢力の拠点となっている同国東部の 都市スラビャンスクを奪回するため装甲車と砲兵隊を派遣した。オバマ 米大統領とドイツのメルケル首相は、ロシアに対し追加制裁を実施する 準備があると警告した。国連はこの日、ロシアの要請に応じ臨時会合を 開催する予定。

4月の米雇用統計では、家計調査に基づく失業率が6.3%と、08年 9月以来の水準に低下した。米連邦公開市場委員会(FOMC)は30日 発表した声明で、経済活動がこのところ上向いてきたと指摘した。

非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比28 万8000人増加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想 の中央値は21万8000人増だった。前月は20万3000人増に修正(速報19 万2000人増)された。

雇用統計の裏面

RBSセキュリティーズの米国債戦略責任者ウィリアム・オドネル 氏は、平均時給の伸び悩みおよび労働参加率の低下が、米国債利回りの 上昇を抑えた「理由の1つであることは明白だ」と指摘。「今回の雇用 統計が単なる冬の悪天候後の反動による一時的な改善なのか、もっと大 きな情勢改善の始まりなのかさらに明確になるまで、レンジ内での推移 にとどまる可能性が高い」と続けた。

原題:Treasury Bonds Rise as Yields Fall to 10-Month Low on Ukraine(抜粋)

◎NY金:反発、7週間ぶり大幅高-ウクライナ情勢緊迫で

ニューヨーク金先物相場は反発し、3月半ば以来の大幅高となっ た。ロシアとウクライナの緊張が高まる中、安全逃避先とされる金の買 いが活発化した。ウクライナは分離派武装勢力の拠点となっている同国 東部の都市スラビャンスクを奪回するため装甲車と砲兵隊を派遣した。

RJオブライエン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「明るい 雇用の見通しや米経済見通しの改善にもかかわらず、週末を控えてウク ライナの情勢がさらに悪化し始めるているため、地政学リスクに引き続 き注目が集まっている」と指摘。「こうしたニュースは人々を不安にさ せ、金への逃避を促す」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比1.5%高の1オンス=1302.90ドルで終了。中心限月として は3月12日以来の大幅上昇となった。

原題:Gold Climbs Most in Seven Weeks Amid Escalating Ukraine Tension(抜粋)

◎NY原油:反発、米雇用者の伸びで-ブレントも高い

ニューヨーク原油相場は反発。米雇用者の伸びが2年ぶりの大幅と なったことを好感した。ウクライナ情勢のさらなる緊迫化を警戒し、北 海ブレントは3日ぶりに上昇した。

エナジー・アナリティクス・グループのディレクター、トム・フィ ンロン氏(フロリダ州ジュピター在勤)は電話取材に対し、「ウクライ ナは武力行使の規模を拡大しており、こうした地政学的影響でブレント の方が大きく上昇している」と指摘。「失業率の数字は石油需要の増加 にプラスと解釈された」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日 比34セント(0.34%)高の1バレル=99.76ドルで終了。ロンドン ICEのブレント6月限は83セント高の108.59ドル。

原題:Brent Crude Widens Premium to WTI on Rising Tension in Ukraine(抜粋)

◎欧州株:下落、ウクライナ東部で武力衝突-週間の上げ幅削る

2日の欧州株式相場は下落し、指数のストックス欧州600指数は週 間ベースでの上げ幅を縮小した。ウクライナの治安部隊が同国東部で親 ロシア派の分離主義者と衝突したことが背景にある。

ドイツのソフトウエアは2.1%安。第1四半期売上高がアナリスト 予想に届かなかった。一方、英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットラ ンド・グループ(RBS)は2012年1月以来の大幅高。四半期利益が3 倍増となった一方で、減損損失が減った。ドイツテレコムは1.1%上 昇。事情に詳しい関係者によると、同社が株式3分の2余りを保有する 米携帯電話サービスのTモバイルUSに対し、米スプリントが買収提案 を行う可能性がある。

ストックス欧州600指数は前営業日比0.2%安の337.76で終了。4月 の米雇用統計で非農業部門雇用者数の増加幅がアナリスト予想を上回っ たことから、一時は0.2%上げた。同指数は前週末比では1.3%高。1日 の西欧市場は、英国とアイルランド、デンマークを除き祝日のため休場 だった。

クリーゲル・アンド・ハフナー(ベルリン)のシニア市場ストラテ ジスト、アンドレアス・リプコウ氏は、「現時点で米国から出ている良 い内容の経済データが投資家にそれほど影響を及ぼしていないのは明ら かだ」とし、「ウクライナがマイナス材料だ」と語った。

ウクライナのトゥルチノフ大統領代行は、同国東部での親ロシア派 の分離主義者に対する作戦で相手側に多くの死傷者が出たほか、身柄も 拘束したと語った。

2日の西欧市場では18カ国中11カ国で主要株価指数が上昇。英 FTSE100指数は0.2%高となった。一方、仏CAC40指数は0.7%、 独DAX指数は0.5%それぞれ下げた。

原題:European Stocks Drop as Ukraine Clashes With Russian Separatists(抜粋)

◎欧州債:スペインなど周辺国債が上昇-米雇用統計も影響せず

2日の欧州債市場ではスペイン10年債が上昇し、利回りは過去最低 を記録した。同国経済が6年に及んだ低迷から回復しつつある兆候のほ か、欧州中央銀行(ECB)が追加緩和を検討していることが支援要 因。

アイルランドとイタリアの10年物利回りも過去最低を付けた。米雇 用統計を受けて、米連邦公開市場委員会(FOMC)が債券購入の縮小 を続ける確率が高まったものの、周辺国債に大きな影響はなかった。デ フレ懸念を払拭(ふっしょく)する追加刺激策が必要との観測が高まる 中、ECBは定例政策委員会を来週開く。ドイツ10年債利回りは11カ月 ぶり低水準まで下げた。

KBCバンクの調査アナリスト、マティアス・ファンデルユフト氏 (ブリュッセル在勤)は「周辺国債市場では強いモメンタムが続いてい る」とし、「来週にECB会合があり、一段の緩和策が現実となるかも しれない。来週でなければ、最新のインフレ見通しが出る6月の会合で そうなるかもしれない」と語った。

ロンドン時間午後4時32分現在、スペイン10年債利回りは前営業日 比2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.98%。一時 は2.971%まで下げた。同国債(表面利率3.8%、2024年4月償還)価格 は0.21上げ107.02。

イタリア10年債利回りは3bp下げ3.04%。ブルームバーグが1993 年に集計を開始して以降最低となる3.033%まで下げる場面もあった。

ドイツ10年債利回りは2bp下げ1.45%。一時は昨年5月27日以来 の低水準となる1.44%まで低下した。

米労働省が発表した4月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数 は前月比28万8000人増加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト予想の中央値は21万8000人増だった。前月は20万3000人増。

原題:U.S. Payrolls No Barrier to Rally in Euro-Area Periphery Bonds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE