コンテンツにスキップする

NY原油(2日):反発、米雇用者の伸びで-ブレントも高い

ニューヨーク原油相場は反発。米 雇用者の伸びが2年ぶりの大幅となったことを好感した。ウクライナ情 勢のさらなる緊迫化を警戒し、北海ブレントは3日ぶりに上昇した。

エナジー・アナリティクス・グループのディレクター、トム・フィ ンロン氏(フロリダ州ジュピター在勤)は電話取材に対し、「ウクライ ナは武力行使の規模を拡大しており、こうした地政学的影響でブレント の方が大きく上昇している」と指摘。「失業率の数字は石油需要の増加 にプラスと解釈された」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日 比34セント(0.34%)高の1バレル=99.76ドルで終了。ロンドン ICEのブレント6月限は83セント高の108.59ドル。

原題:Brent Crude Widens Premium to WTI on Rising Tension in Ukraine(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE