コンテンツにスキップする

NY金(2日):7週間ぶり大幅高-ウクライナ情勢緊迫で

ニューヨーク金先物相場は反発し、 3月半ば以来の大幅高となった。ロシアとウクライナの緊張が高まる 中、安全逃避先とされる金の買いが活発化した。ウクライナは分離派武 装勢力の拠点となっている同国東部の都市スラビャンスクを奪回するた め装甲車と砲兵隊を派遣した。

RJオブライエン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「明るい 雇用の見通しや米経済見通しの改善にもかかわらず、週末を控えてウク ライナの情勢がさらに悪化し始めるているため、地政学リスクに引き続 き注目が集まっている」と指摘。「こうしたニュースは人々を不安にさ せ、金への逃避を促す」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比1.5%高の1オンス=1302.90ドルで終了。中心限月として は3月12日以来の大幅上昇となった。

原題:Gold Climbs Most in Seven Weeks Amid Escalating Ukraine Tension(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE