コンテンツにスキップする

ローブ氏がIHI株取得-ソニーやソフトバンクに続き

米資産家ダニエル・ローブ氏はこれ から、日本で過ごす時間がますます多くなりそうだ。

同氏が創立した米ヘッジファンド運用会社サード・ポイントは IHI株を保有していることを明らかにし、IHIが保有する土地や建 物の価値が過小評価されていると指摘した。同社は昨年5月にソニーへ の投資を発表、同年11月にはソフトバンク株の取得を発表している。

保有株を明らかにした1日付の書簡でローブ氏は、IHIの土地・ 不動産資産には3500億円の価値があり、これは同社の時価総額の半分以 上だと指摘した。

2日の東京株式市場でIHI株は5.4%上げ430円で取引を終了、約 9カ月ぶりの大幅高となった。この日の株価上昇で、同社の株式時価総 額は6650億円となる。ローブ氏はIHI株には1株当たり1000円の価値 があると同書簡に記した。

サード・ポイントは書簡で、「IHIの価値はコングロマリットデ ィスカウントのために然るべき水準より低く評価されているため、当社 は魅力的な価格で投資したと判断している」と説明。「経営陣が不動産 を別会社としてスピンオフすることを決めれば、再開発のための資金状 況に強力なレバレッジを与え、株主には多大な価値をもたらすだろう」 と続けた。

IHIは2月4日に、3月通期の純利益見通しを270億円に上方修 正した。同決算は8日に発表される。

原題:Loeb Increases Bet on Japan as IHI Stake Follows Sony, SoftBank(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE