コンテンツにスキップする

アストラゼネカ、ファイザーの買収案拒否-提示額引き上げ後も

英2位の医薬品メーカー、アストラ ゼネカは、米ファイザーが提示額を631億ポンド(10兆9000億円)に引 き上げた買収案を拒否した。将来性ある試験薬の価値が反映されていな いとしている。

現金と株式を組み合わせた提示額は、ファイザーの前日株価終値を 基にすると1株当たり約50ポンド相当。アストラゼネカは2日の発表資 料で、この提案では依然として株式部分の比重が大き過ぎると指摘し た。先月28日の発表によると、1株当たり46.61ポンドの当初案をアス トラゼネカは拒否していた。

同社のレイフ・ヨハンソン会長は発表資料で、「当社は独立企業と して強い勢いを示している。とりわけ、株主に大きな価値をもたらすと 取締役会が確信する新薬開発が刺激的かつ急速に進展している点がそう だ」と説明。「ファイザーの提案は、当社独自の将来性への株主のエク スポージャーを劇的に希薄化させ、製品化実現をめぐるリスクを作り出 すものだ。従って、取締役会は提案拒否に何のためらいもない」と続け た。

ファイザーによる買収を回避する上で、アストラゼネカは英政府の 協力をあまり期待できない可能性がある。英議員の中からはサイエンス 部門での国内雇用を守るため政府が介入すべきだとの声も上がったが、 キャメロン政権は介入しない意向を示唆した。

ファイザーにとってアストラゼネカの買収は、法人税の節減につな がる。買収後の新会社をイングランドに置くことを計画しているためだ が、アストラゼネカはこれを問題として指摘している。

原題:AstraZeneca Rejects Sweetened Pfizer Offer of $106.5 Billion (2)(抜粋)

--取材協力:Oliver Staley、Thomas Penny、Simeon Bennett.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE