コンテンツにスキップする

ウクライナ、スラビャンスク奪回へ作戦開始-ロシアの要求退け

ウクライナは2日、分離派武装勢力 の拠点となっている同国東部の都市スラビャンスクを奪回するため装甲 車と砲兵隊を派遣した。国境付近で武力を増強するロシアのプーチン大 統領は撤収を求めたが、ウクライナは屈しない態度を示した。

アバコフ内相は同日フェイスブックで、武装勢力の排除と国際監視 団の8人を含む人質の解放に向け、現地時間午前4時30分にウクライナ 内務省の部隊を派遣したと明らかにした。国防省によれば、ウクライナ 軍のヘリコプター2機が撃墜され操縦士2人が死亡した。親ロシアの分 離主義者に拘束されていた外国の報道関係者は解放されたという。ロシ アはこの日、国連の安全保障理事会が同日開催されると発表した。

アバコフ内相は政府のウェブサイトで「抗議行動を取る者、あるい はその代表と話し合いを持つ準備がある」と表明。その上で、「テロリ ストと武装した分離主義者は避けることのできない見返りを受けるのみ だ」と警告した。

米国と欧州連合(EU)はウクライナの最東端の地域で混乱をあお っているとしてロシアを非難。プーチン露大統領が緊張緩和に動かなけ れば制裁の拡大を辞さない構えだ。同大統領は1日、ウクライナに対し 東部から部隊を撤退させるよう要求した。同国東部のドネツクとルガン スクはウクライナ政府がコントロールできない状態となっている。

原題:Ukraine Defies Putin as Troops Move on East Rebel Stronghold (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE