コンテンツにスキップする

北朝鮮の軍総政治局長が交代-核実験準備の兆しのさなか

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウ ン)第1書記が軍の総政治局長を交代させた。事実上のナンバー2とみ られていた崔竜海(チェ・リョンヘ)氏に代わり、黄炳瑞(ファン・ビ ョンソ)氏がこのポストに就いた。韓国当局は北朝鮮が4回目の核実験 の準備を進めている兆しがあると分析している。

国営の朝鮮中央通信は2日、黄氏の肩書を「朝鮮人民軍総政治局 長」と伝えた。昨年12月の張成沢(チャン・ソンテク)元国防副委員長 の粛清後は、崔氏が政権のナンバー2とみられていた。崔氏が失脚した のか、別の役職に異動したのかは明らかではない。

ソウルの北韓大学院大学の梁茂進(ヤン・ムジン)教授は電話取材 に対し、「崔氏が職務上の失敗を理由に解任されたのか、健康上の理由 で自ら退いたのかはまだ分からない」と指摘した上で、「確かなのは、 金第1書記の下に国を団結させる動きの先頭に立っていた黄氏を任命す ることで、金第1書記による権力掌握がさらに進んでいることだ」と述 べた。

朝鮮中央通信は先月28日、黄氏が人民軍の次帥に昇格したと伝えて いた。

原題:North Korea Replaces Top Army Official Amid Nuclear Warnings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE