コンテンツにスキップする

バフェット氏の後継レースで頭角現すアベル氏、事業拡大で

米資産家ウォーレン・バフェット氏 は81歳だった2年前に、投資・保険会社バークシャー・ハサウェイの次 期最高経営責任者(CEO)を取締役会で選定したことを明らかにし た。

バフェット氏によると、取締役会は次期CEOの予備候補2人も選 定したが、3人の名前はいずれも未公表のままとなっている。当然、後 継者をめぐる臆測が高まっていると、ブルームバーグ・ビジネスウィー ク誌5月5日号が伝えている。

昨年の年次株主総会では、取締役と共に主要部門の経営幹部3人が 他の幹部と離れて座った。このため次期CEOになるのはアジット・ジ ェイン氏かマシュー・ローズ氏、あるいはグレゴリー・アベル氏かとい う臆測が高まった。

ジェイン氏(62)が統括する再保険事業はバフェット氏が選定する 各種銘柄への投資に使われる資金の最大の供給源だ。ローズ氏(55)は バークシャーが2010年に買収した鉄道会社BNSFレールウェイのトッ プ。アベル氏(51)はバフェット氏が00年に買収した電力会社を母体と するバークシャー・ハサウェイ・エナジーの経営を担っている。

ローズ氏はバークシャーで最大の事業部門を経営しており、ここ数 年はジェイン氏がバフェット氏の有力後継者と目されてきた。一方、ア ベル氏はバークシャーが進める事業拡大に関わる職責を受け持ち、後継 候補の注目株として浮上している。

数万人が参加

アベル氏は11年に株取引のスキャンダルで辞任するまで後継者レー スに参加しているとみなされてきたデービッド・ソコル氏の陰で目立た ない存在だったが、ここにきて頭角を現している。昨年はバークシャー によるネバダ州の電力会社NVエナジーの56億ドルの買収を指揮。バー クシャーと投資会社が13年に233億ドルで買収したケチャップメーカー のHJハインツでは、アベル氏が取締役に指名された。

今年は5月3日の土曜日にバークシャーの年次株主総会がオマハで 開催される。株主や資産運用者、投資のプロ、記者団など数万人が集う 祭典となる。5時間にわたるセッションではバフェット氏とチャール ズ・マンガー副会長(90)がビジネスや経済、投資に関する質問に対応 する予定で、後継者問題も話題の1つになることはほぼ確実だ。

原題:Buffett Reshaping Berkshire in Twilight of Career Propels Abel(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE