コンテンツにスキップする

ロシア:モスクワ赤の広場でソ連崩壊後初の労組パレード

ロシアのプーチン大統領は、労働組 合による行進と労働功労者に対する勲章授与というソビエト連邦時代の 伝統で5月1日の「春と労働の祝日」を祝った。

ソ連邦崩壊後初となった赤の広場での労組パレードで、労働者は 「わが国を誇りに思う」、「われわれはプーチンを信じる」、「休暇は クリミアへ」といったスローガンを掲げた。

ロシア独立労働組合連盟(FNPR)のミハイル・シュマコフ会長 はクレムリンで記者団に対し、パレードには約10万人が集まったと述べ た。

14年に渡り政権の中枢にとどまるプーチン大統領は、強国復活を目 指している。ウクライナをめぐる欧米による対ロ制裁が経済への脅威と なっているものの、国民の大半はプーチン大統領の強硬な姿勢を国力の 証しと見なしており、1990年代のポスト共産主義時代の混乱後に秩序を 取り戻した指導者としてのイメージを強くしている。

マクロ・アドバイザリーのパートナー、クリス・ウィーファー氏 (モスクワ在勤)は電子メールで、「ロシア国民は景気減速の影響をま だ感じていない」と指摘。「大半の国民はロシアが経済力をよみがえら せ、クリミアで大きな勝利を収めたところだと信じている。国民から見 れば、『太陽は光り輝き、原油相場は高水準でクリミアも取り戻した。 人生は素晴らしい』といったところだろう」と述べた。

原題:Putin Restores Soviet-Era Labor Day Celebrations on Red Square(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE