コンテンツにスキップする

PIMCO旗艦ファンド、4月は31億ドルの純流出

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)のビル・グロース氏が運用する世界最 大の債券ファンド、「PIMCOトータル・リターン・ファンド」(運 用資産2300億ドル)の4月の資金動向は12カ月連続の純流出となった。

米調査会社モーニングスターが電子メールで送付した1日の発表資 料によると、4月の資金流出額は31億ドル(約3200億円)で、前月と同 水準。流出額は3月末時点で運用資産全体の約1.3%に相当する。

グロース氏(70)は昨年、米金融当局による量的緩和縮小のタイミ ングや影響を読み誤った後、短期の米国債に軸足を置いており、2014年 に入ってからの米長期債相場の上昇局面に乗り損ねている。ブルームバ ーグがまとめたデータによれば、トータル・リターン・ファンドの過去 1年のリターンはマイナス1.7%と、同種のファンドの90%を下回る運 用実績。今年に入ってからはプラス2.1%と、競合ファンドの71%に後 れを取っている。

原題:Gross’s Total Return Loses $3.1 Billion to April Withdrawals (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE