コンテンツにスキップする

米国株:ほぼ変わらず、失業保険申請増が重し-雇用統計待ち

米株式相場はほぼ変わらず。前日に 終値ベースで最高値を更新したダウ工業株30種平均は小幅安となった。 朝方発表の新規失業保険申請件数が増加したことが背景にある。2日に は雇用統計が発表される。

化粧品訪問販売のエイボン・プロダクツは10%安と、S&P500種 株価指数の構成銘柄で下げが最もきつい。1-3月(第1四半期) に130万人の新規加入者数を獲得したTモバイルUSは8.1%高。スプリ ントは2.7%高。同社はTモバイルへの買収提案を推進する計画であ り、銀行と買収資金の調達をめぐる協議を行ったことが明らかになっ た。口コミ情報サイトのイェルプは9.8%上昇。2014年の売上高見通し を上方修正したことが好感された。

S&P500種株価指数は前日比0.1%未満安い1883.68で終了。この 日は0.2%高と0.3%安の間で推移した。ダウ工業株30種平均は21.97ド ル(0.1%)安の16558.87ドルで終えた。

RWベアードのチーフ投資ストラテジスト、ブルース・ビトルズ氏 は「ここまで小幅ながらも順調に上げてきた。2日には重要な経済指標 が発表されるため、やや買いが手控えられている可能性がある」と指 摘。「米金融当局が市場にやさしい政策を維持し、金利が上昇しない限 り、株価には強材料となるだろう」と述べた。

S&P500種は4月全体で0.6%上昇し、3カ月連続で上げた。ウク ライナをめぐり米国とロシアの緊張が高まったものの、予想を上回る経 済指標や企業決算が支援材料となった。

ETF

ブルームバーグがまとめたデータによると、米株式を保有する上場 投資信託(ETF)には年初から100億ドル近い資金が流入している。 前日にはエネルギー株を保有するETFが4億6000万ドルと、ほかのセ クターの2倍以上の資金を集めた。ハイテク株を保有するETFには1 億8500万ドルが流入した。

先週の新規失業保険申請件数は、前週比で予想外に増加し、9週間 ぶりの高水準となった。一方、3月の米個人消費はほぼ5年ぶりの大幅 な増加。

4月のISM製造業総合景況指数は54.9と、前月の53.7から上昇し た。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値は54.3だっ た。同指数で50は活動の拡大と縮小の境目を示す。昨年の平均は53.9だ った。

労働省が2日に発表する4月の雇用統計では、非農業者部門雇用者 数は21万5000人増が予想されている。前日に発表された民間部門の雇用 者数は過去5カ月で最大の伸びとなった。

決算

この日はマスターカードなどS&P500種の構成企業47社が決算を 発表。ブルームバーグがまとめたデータによると、これまでに決算を発 表した352社のうち75%で利益が予想を上回っており、売上高が予想を 上回ったのは52%となっている。

エイボンは13.72ドルと14年ぶりの安値。中国などでの贈賄疑惑を めぐり米当局が進めていた調査で1億3500ドルを支払うことで合意し た。

Tモバイルが獲得した新規加入者数は、同業大手のAT&Tとベラ イゾン・コミュニケーションズ両社合わせた新規加入者数を上回った。

原題:U.S. Stocks Close Little Changed as Investors Await Jobs Report(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE