コンテンツにスキップする

NY原油(1日):続落、5週ぶり安値-記録的な在庫を嫌気

ニューヨーク原油相場は続落。米 国の原油在庫が過去最高記録を更新したことが引き続き嫌気され、5週 間ぶり安値。中国の製造業に成長減速の新たな兆しが出たことも影響し た。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は「これ ほど在庫水準が高いと、ウェスト・テキサス・インターミディエート (WTI)で100ドルという水準は正当化できない」と指摘。「東欧で 緊張が高まっているとはいえ、今のところ原油相場は需給バランスに応 じて動いている。WTIは近く90ドル台半ばで推移してしかるべきだ」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日 比32セント(0.32%)安の1バレル=99.42ドルで終了。終値としては 3月25日以来の安値。

原題:Oil Drops to Five-Week Low on Record U.S. Crude Inventories(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE