NY金:4日続落、米景気回復の兆しで需要減退

ニューヨーク金先物相場は4日続落 し、過去1カ月で最長の連続安となった。米景気回復の兆しを背景に、 代替資産としての金買いが後退した。3月の個人消費支出(PCE)は 伸びが2009年8月以降で最大となった。

エバーバンク・ウェルス・マネジメントのアシスタントバイスプレ ジデント、マイク・マイヤー氏は電話インタビューで、「緩和縮小に強 い経済指標が重なり、金は引き続き圧迫されるだろう」と指摘。「貴金 属のセンチメントかなりネガティブだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比1%安の1オンス=1283.40ドルで終了した。4日続落は 4月1日以来の最長。

原題:Gold Extends Slump on Economy; Silver Falls to Nine-Month Low(抜粋)

--取材協力:Phoebe Sedgman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE