コンテンツにスキップする

中国:4月の製造業PMI、予想に届かず-景気の弱さ浮き彫り

中国の4月の製造業活動を測る指標 は、伸びがエコノミスト予想を下回った。輸出や建設など幅広い領域で 同国経済の減速感が広がっており、この日の統計で景気の弱さがあらた めて浮き彫りになった。

国家統計局と中国物流購買連合会が1日発表した4月の製造業購買 担当者指数(PMI)は50.4。3月の50.3からは上昇したものの、ブル ームバーグ・ニュースがまとめた市場関係者38人の予想中央値(50.5) に届かなかった。同指数は50を上回ると製造業活動の拡大を示す。

野村ホールディングスの中国担当チーフエコノミスト、張智威氏 (香港在勤)は「当社は引き続き成長鈍化を予想している」とコメン ト。「向こう数カ月以内に財政・金融政策が緩和されるとみている」と 述べ、当局が市中銀行の預金準備率を5月か6月に引き下げ、7-9月 (第3四半期)にも再度下げるとの見方を示した。

ソシエテ・ジェネラルは指標発表前、製造業PMIが50.4になった 場合は成長の勢いが弱いままであり、4-6月(第2四半期)も景気減 速が続く可能性を示唆することになると指摘していた。1-3月(第1 四半期)の国内総生産(GDP)は前年同期比7.4%増だった。

中国国務院は4月30日に貿易支援の追加策を講じる方針を示した。 声明によると、李克強首相は中国の貿易を取り巻く状況について「深刻 かつ複雑」だとの認識を示した。4月の製造業PMIで輸出受注の指数 は49.1と、3月の50.1から低下した。

原題:China April Manufacturing Grows Less Than Analyst Forecasts (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE