コンテンツにスキップする

米が一部ロシア企業を制裁から除外、米債権者保護-フィッチ

米国はロシア企業の一部をウクライ ナ危機をめぐる制裁の対象から外している。これら企業に対する米国の 債権者の利益を損ないたくないためだ。格付け会社フィッチ・レーティ ングスが30日、こう指摘した。

フィッチのマネジングディレクター、ジェームズ・ワトソン氏はロ ンドンで、「米国による制裁実施に関しては、有力な投資家や社債保有 者が実に多くの協議を重ねた事例の証拠に事欠かない」と記者団に説 明。結果として「多額の対外債務を抱える企業の数々」が制裁対象から 外されたようだと語った。フィッチが過去1カ月間に投資家に聞き取り を行ったとしている。

米国のオバマ政権は28日、ロシアのプーチン大統領に近い個人7人 および企業17社を制裁対象に新たに指定した。ワトソン氏は「多額の対 外債務を抱える企業がこれまでのところリストに全く入っていないよう だ。これは重要なことだ」と述べた。

米財務省のハーガー・チェマリ報道官はルー米財務長官が28日示し た見解以上のコメントを控えた。ルー長官はNBCニュース・ MSNBCとのインタビューで、制裁の目的は「ロシアに最大のインパ クトを与え世界経済への悪影響は小さくすること」で、米企業のトップ の多くは過去数週間、制裁が自社に関して持つ意味への懸念を示したと 述べていた。米商務省にもコメントを求めたが返答は得られていない。

原題:Fitch Says U.S. Limiting Putin Sanctions to Help Bondholders (2)(抜粋)

--取材協力:Alex Nicholson、Brian Wingfield.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE