コンテンツにスキップする

クライスラー、新型200で連続販売増の記録更新なるか-米国で

米フィラデルフィア郊外の自動車デ ィーラー、デービッド・ケレハーさんはこれまで経験したことのない心 境にある。クライスラーの新型セダンに胸を躍らせているのだ。

モデルチェンジした「クライスラー200」についてケレハーさんは 「人々をがっかりさせることはない。その可能性はゼロだ」と言い切 る。現行の「200」と「セブリング」の後継車である新型「200」は5月 に販売店に到着する。従来の200やセブリングは十分な価値があった が、ホンダ「アコード」やトヨタ自動車「カムリ」との競争で苦戦して いたという。「このセグメントでは今まで高品質で理想的な車を売った ことがないが、これは本当に素晴らしい車だ」と語った。

会社更生手続きを完了したクライスラー・グループは48カ月連続で 販売が伸びている。ただ、その大半はトラックやスポーツ型多目的車 (SUV)、ミニバンがけん引してきた。

新型200の投入は米自動車市場で最も競争が激しい分野の1つであ る中型セダンで販売を伸ばす取り組みだ。ホンダとトヨタ、日産自動車 は10年前に比べると存在感は低下したが、中型セダンの米販売ではな お48%のシェアを握ると、米調査会社オートデータは分析している。従 来のクライスラー200はこのセグメントで12車種中8位。

調査会社IHSオートモーティブは、クライスラーが200の年間販 売台数について2016年までに18万台を達成すると予想。これは昨年の販 売台数を約50%上回る水準で、他社の販売が横ばいで推移するとすれ ば、このセグメントで7位になる水準だ。

自動車メーカー各社は5月1日に4月の米販売台数を発表する。業 界全体の販売台数は9%増の140万台になると、アナリスト11人の予想 平均で見込まれている。季節調整後の年率換算では1620万台と、前年同 月の1530万台から増加する見通し。3月は1640万台だった。

原題:Chrysler Seen Extending 48-Month Sales Streak With New 200: Cars(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE